お見合い大作戦 五島は美人揃い?1番人気のイケメンはカップル成立 ?

お見合い大作戦 画像
   

ナイナイのお見合い大作戦は、独身の男性と結婚を考えている女性が集団でお見合いする番組です。

今回の「ナイナイのお見合い大作戦 五島の花嫁3時間SP」は、市内の男性25名に対し、全国から680名の女性が参加を希望。

その中からビデオレターで選ばれた67名の女性が、4月28日(土)、開催地の長崎港に集合しました。

また、翌日の29日は、長崎県五島市東浜町2丁目の五島港公園で女性を迎えるイベントが行われ、五島高校吹奏楽部の演奏や伝統芸能「チャンココ」などが披露されたとか。

毎回開催地で行われる女性の歓迎イベントは、唯一、参加女性の顔を見れるということで人気があり、今回の五島の花嫁も当日の天候が良かったということもあって、大盛況だったようです。

はたして今回は何組のカップルが成立するのでしょうか。

男性1番人気とされている末留進人氏(27)や、番組史上1、2位を争うイケメン漁師と紹介されている最年少の山端大海氏(20)の結果が気になるところですが、今回の参加女性も美人揃いなので最後まで目が離せません。

Sponsored Link
   

ナイナイのお見合い大作戦 五島は美人揃い?

今回放送される「ナイナイのお見合い大作戦 五島の花嫁」は、2018年4月28日(土曜日)~2018年4月30日(月曜日)の3日間で行われました。

開催地の長崎県五島市は、五島列島という島の南西部に位置する市で、人口約35500人。

そもそも五島列島は「上五島」と「下五島」に分かれていて、今回お見合いが開催されるところは下五島の福江島になります。

島へはアクセスも悪く、本土から行くには飛行機か船を利用しなければなりませんが、それでも五島列島に嫁ぎたいと言う女性が全国にいて、約680名もの応募があったといいます。

そして、参加男性がビデオレターを見て選んだ67名が、交通費自費で長崎港に集結したのでした。

また、今回の参加女性ですが、ウワサによるとなかなかの美人揃いだったらしく、15組のカップルが成立したとか。

15組のカップルが成立したというのは、ネットの掲示板によるものなので信憑性にかけますが、美人揃いというのは予告動画にもあるように本当のようです。

ナイナイのお見合い大作戦 五島 美人 画像

・美女その1=航空関係

・美女その2=銀座クラブ勤務

・美女その3=国立大学院生

この3人が人気ベスト3?

Sponsored Link

ナイナイのお見合い大作戦 五島は1番人気のイケメンがカップル成立?

「ナイナイのお見合い大作戦 五島の花嫁」の参加男性は25名。

その中で1番人気なのは、葬儀会社と小料理店を営む末留進人氏だそうです。

予告ではこの1番人気・末留氏を「美女たちが奪い合い」とされていますが、それはおそらく、先ほど紹介した航空関係、銀座クラブ勤務の女性のことでしょう。

また、「島の純朴イケメンに超セクシー娘が猛烈アタック」というのは、最年少のマグロ養殖業・山端大海氏のことだと思われます。

ただ、実はこの2人に妙なウワサがささやかれているのです。

(男性1番人気の末留進人と最年少の山端大海)
ナイナイのお見合い大作戦 五島 イケメン 画像

というのも、末留氏と山端氏には、彼女がいるというウワサがあるのです。

彼女がいるというのはあくまでウワサに過ぎないのですが、番組の参加条件に彼女のいる、なしは記載されていません。

番組で決められているのは、あくまで「独身であること」だけなのである。

ただ、彼女がいるにもかかわらず番組に出て、カップルが成立すると参加女性に気が悪いし、彼女にも悪事をしていることにもなります。

はたして2人はカップル成立となったのか。

事前のプロフィール写真と雰囲気は違いますが、番組に注目されます。

(ナイナイのお見合い大作戦 五島の花嫁の男性メンバー)
ナイナイのお見合い大作戦 五島 男メンバー 画像

出典元:ナイナイのお見合い大作戦

ナイナイのお見合い大作戦はやらせ?

以前から「ナイナイのお見合い大作戦」には、やらせ疑惑がささやかれているのですが、本当のところはどうなのでしょうか。

ウワサによると、女性が集まらないため、スタッフの知り合いに頼んで出演してもらったときもあったとか。

さらに今回の五島の花嫁に限っては、男性の参加者に本当は仕事が保育士なのに、漁業関係として紹介されている人物もいるそうです。

そんな「ナイナイのお見合い大作戦」は、そもそも自治体からの応募が条件の元、ロケ地が決定します。

理由は、ロケが行われる市町村の協力体制がないと撮影が難しいからだとか。

しかも、開催都市の自治体が番組に金銭を払って誘致しています。

予算は約300万円ほどだそうで、その内訳はまず、撮影スタッフの宿泊代やスタッフの移動手段である車のレンタカー代といったお金。

その他にイベントの場所代や食事代、女性の宿泊場所代などが入用で、番組側は費用を負担していないのです。

自治体としては番組側に金を払っても、全国にPRできるので痛くもかゆくもありません。

それどころか、放送されると全国各地から問い合わせが殺到。

自然と交流人口の増加が見込めて、市内婚姻率の上昇、婚活ブームという流れになるのです。

結局、番組を誘致したことによって、これだけの良い効果があるので、やはり全国から応募が殺到しているといいます。

今回の五島市は昨夏の「五島市高校生議会」で、五島南高校の女子生徒4人が、番組の誘致を市に提案したのがきっかけということですが、実は4年前に自治体が応募していたことが分かりました。

ただ、その当時は番組から制作する動きがなかったので、別のイベントに切りかえたそうです。

このことは平成26年の新上五島町議会会議録に記されているので事実。

そして、今回の開催に五島市は、番組側に750万を支払っていたのです。

Sponsored Link