漆山家 子供の名前と長女の彼氏は?次女は高校合格した?

大家族 漆山家 画像
   

スーパー大家族SP「漆山家5男6女大家族」は、12人目の子供を妊娠中だった、佳月(かづき)ママの出産や誕生日会、次女・柚杏(ゆあん)ちゃんの高校受験などが中心に特集されています。

現在の漆山家では、妊娠中だったかづきママが、1月30日に2516gの男の子を無事出産。

名前は叶(りた)くんと名付けられ、これまでの5男6女13人家族から6男6女の14人家族となったのです。

また、中学3年生だった次女のゆあんちゃんには、高校受験が迫っていました。

将来の夢は「助産師」というゆあんちゃんの志望校は、県立高よりランクが上。

金銭的なことを思うと、県立高の方が親のためになるのですが、ゆあんちゃんは志望校を変更することなく受験し、見事合格を果たしたようです。

そこで今回は、漆山家の12人目の子供で6男の叶くんや、次女・ゆあんちゃんの高校受験以外に、長女・海音(かのん)ちゃんの彼氏などについても検証してみたいと思います。

Sponsored Link
   

漆山家 12人目の子供の名前は?

漆山家の両親・漆山亨(とおる)パパと漆山佳月(かづき)ママは、「HiDE&SEEK OF HAiR」という美容院を営んでいます。

店の場所は埼玉県越谷市北越谷4-2-14サンアルタ2F。

大家族の漆山家では、美容院でも働くかづきママが大忙しなのです。

かづきママの一日はまず、朝6時30になると子供たちに朝ごはんを食べさせ、学校への提出物をチェック。

今年は小学校へ入学する子供はいませんが、現在、5人が小学校、2人が高校、1人が専門学校に通っています。

子供送り出した後は美容院の仕事へ出かけ、帰宅するのは夜の8時。

今度は洗濯物、家族の夕食の支度をしなければならず、寝るのは午前2時になります。

ようやく眠りにつくも2時間半後には起床して、ふたたび家事をしなければならない生活。

毎日、家事・育児に追われるかづきママは、笑顔がモットーで、いつも3時間寝られればいいほうだと笑って話します。

そんなかづきママがなんと、12人目の子供を1月30日に出産。

名前は叶(りた)くんで、6番目の男の子が誕生したのです。

大家族・漆山家の子供の名前は、半数がキラキラネームで、12人目の叶(りた)くんにしても、まず読めることはできません。

大家族・漆山家の子供の名前一覧

・長男ー漆山葵(あおい)美容専門学校(TBC専門学校2年)

・長女ー漆山海音(かのん・高3)

・次女ー漆山柚杏(ゆあん・高1)

・次男ー漆山凛(りん・小6)

・三男ー漆山璃(りお・小5)

・四男ー漆山瑠(あいる・小4)

・三女ー漆山美心(みおん・小3)

・四女ー漆山菜夢(なゆん・小2)

・五女ー漆山蘭(そらん・年長)

・六女ー漆山月姫(まりん・年少)

・五男ー漆山碧(あみる・1歳)

・六男ー漆山叶(りた・4か月)

漆山家 家計図 画像

子供の名前ですが、三男ぐらいから下になるにつれ、むずかしくなっていますね。

ちなみに父親の名前、漆山亨(とおる・46歳)、母親・漆山佳月(かづき・41歳)は、キラキラネームではないのです。

Sponsored Link

漆山家 長女 かのんの彼氏は?

漆山家では、とおるパパと子供たちが協力し、3月8日にかづきママの誕生日会を開いたようです。

誕生日会は1ヵ前から用意されていたらしく、子供たちからサプライズプレゼントが送られました。

誕生日会当日は驚かすために、部屋を真っ暗にして、かづきママが帰宅するのを待つという、手の込んだ演出も行われていたのだとか。

プレゼントには子供たちが、かづきママに向けて作った動画もあり、当然、長女・かのんちゃんのものもあったようです。

かのんちゃんは、今年高校3年になる年頃の女の子。

そのためか、ダイエットに挑戦してピーク時から5キロも痩せたといいます。

それなら彼氏の方はどうなのかというと、本人いわく、いないらしい。

去年のバレンタインデーのときは、ツイッターで「何作ろ。あれ彼氏いないぞ。あっでも家に7人の男性陣がいたわ。」とつぶやいていたので、この時点では彼氏はいなかったと思われます。

長女のかのんちゃんに関しては、痩せてますます綺麗になったので、その気になればすぐにでも彼氏ができるのではないでしょうか。

漆山家 次女 ゆあんは高校合格した?

今年、高校受験だったのが、漆山家の次女・ゆあんちゃんです。

(長女 かのん、次女 ゆあん、六男 りた)
漆山家 大家族 長女 次女 画像

中学に入学してから14cmも身長が伸びたという、次女のゆあんちゃんは、長女・かのんちゃんに負けず劣らずの美人さん。

中学時代はソフトボール部に所属し、2年間連続全国大会へ出場。

しかも3年間、週6回の塾通いや自分の夕飯作り、毎朝5時に起きてと、あわただしい毎日を送ってきました。

そんなゆあんちゃんの夢は助産師になること。

小さい頃から助産師になるという夢は変わっておらず、そのためにも勉強を頑張ってきたといいます。

なので、高校はてっきり地元埼玉の県立常盤高等学校にでも行くのかなと思っていたのですが、どうも違ったらしい。

常盤高等学校は、県内唯一の5年一貫教育の看護師養成専門高校。

家計を助けるなら、県立の方がよさそうですが、受験したのはもっとランクが上の私立高校だったようです。

結局、どこに決めたのか明かされていませんが、自分が行きたい志願校を受験し、見事合格を果たしたのです。

Sponsored Link