佐藤智広の霊視(透視)結果は?新宿歌舞伎町の目撃はデマ?

P.Cタイトル下
ザ!世界仰天ニュース 画像
   

10月29日放送の「ザ!世界仰天ニュース」は、生放送で行方不明者の捜索をするようです。

捜索するのは、2012年1月15日の夜、北海道・旭川市で行方不明になった佐藤智広君(さとうともひろ・当時13歳)。

もう1人は、2018年11月、当時28歳の主婦が生まれたばかりの幼い子供を残して、突如姿を消したという事件です。

2人の失踪についてですが、28歳主婦の方は昨年のことなので、まだ情報は乏しいと思います。

一方、佐藤智広君は現在20歳で、これまで母親と姉がテレビに出たりして情報を求めてきましたが、いまだ発見に至っていません。

そこで今回は、過去の行方不明捜索番組で行われた佐藤智広君の霊視(透視)結果、新宿歌舞伎町の目撃情報などについてまとめてみました。

Sponsored Link

佐藤智広の霊視(透視)結果

佐藤智広君の居場所がまったくつかめないまま、現在に至っているわけですが、過去には母親と姉が超能力捜査のテレビ番組に出演。

そのとき番組では、自称・超能力者3人が智広君の事件を霊視(透視)捜査しています。

佐藤智広の画像

霊視(透視)したのは、スピリチュアリスト・清宮一成、スピリチュアリスト・SHUN、スピリチュアル女芸人・はやぶさの3人。

清宮一成とSHUNに関しては、過去に行方不明者の居場所を霊視(透視)し、解決させたことがあるそうです。

一方、女芸人・はやぶさは、オーラと守護霊が見え、芸能人からの信頼も厚いのだとか。

その3人が集結して霊視(透視)捜査したわけですが、結論から言うと、当然、佐藤智広君の発見に至っていません。

というか、霊視(透視)で行方不明者の居場所がほんとうに分かるのですかね。

まず、このような捜索番組で霊視(透視)して、行方不明者が発見されたためしがありません。

それに最近、山梨県道志村のキャンプ場で行方不明になった小倉美咲ちゃんの居場所を霊能者が霊視(透視)しても、結局発見できませんでした。

それでも家族からすると、何とか見つけたいとする思いから、超能力者などにも頼りたいことでしょう。

結局、捜索に加わった清宮一成は霊視(透視)の結果、佐藤智広君の失踪を家出。

それも「前から計画していた」、「現在は新宿・歌舞伎町にいる」と語ったのです。

同じく、女芸人・はやぶさも現在の居場所を「新宿・歌舞伎町」と霊視(透視)。

もう1人のスピリチュアリスト・SHUNだけ、智広君の居場所を「旭川市」と霊視(透視)したのでした。

Sponsored Link

佐藤智広の目撃情報 新宿歌舞伎町はデマ?

清宮一成、女芸人・はやぶさの意見が一致したことから、2人は東京・新宿・歌舞伎町に出向いて調査。

すると、清宮一成は、新宿・歌舞伎町にある「100円均一ショップで買い物している」、「ゲームセンターを利用している」と透視。

女芸人・はやぶさは、新宿・歌舞伎町にある「ラーメン屋」に来ていること。

さらに、「周辺のアパートに住んでいる」と透視したのです。

その後、清宮一成が具体的なイメージをつかんだとして、看板がオレンジ、赤、白のコンビニを挙げます。

このコンビニは、俗に言う大手のコンビニではないらしいのですが、佐藤智広君が頻繁に立ち寄っている光景が浮かんだのだとか。

ただ、コンビニの情報は、他の番組で紹介されていた目撃談と一致。

他の番組でも、「歌舞伎町でホストやってる」、「一緒に同居している」という情報などがあったので、事前に知っていた可能性があります。

また、その番組では、母親の元に非通知の電話がかかってきて、母親が出たらすぐに切ってしまうということもありました。

そう考えると、電話をかけてきたのは本人だったのかもしれませんね。

いずれにせよ、その後の捜査に進展が見られないところを思うと、新宿・歌舞伎町にいるというのはガセの可能性が高そうです。

それに、当時はまだ13歳なので、事件か何らかの事故に巻き込まれて死亡している可能性もあります。

家族からすると、自らの意志で家出し、どこかで生活していることを切に願っているでしょう

佐藤智広君が失踪した原因

佐藤智広君が失踪したのは、2012年1月15日の午後9時30分頃。

失踪する前日は、姉とテレビのチャンネル争いで兄弟ゲンカになったそうです。

その際、智広君は腹を立て、壁に穴をあけたり、自分で買ったゲーム機のDSをバキバキに壊してしまったのだとか。

翌日、そのことを母親にとがめられると、智広君はブチ切れ。

そのまま自宅を飛び出したのだそうです。

結局、佐藤智広君が失踪したのは、母親とのケンカが原因だったのですが、その後の足取りがつかめていません。

当日の智広君はグレーのジーンズに薄手の黒いジャンパー姿。

所持金はわずか千円ちょっとで、携帯電話も置いたまま自宅を飛び出しています。

おまけに気温はマイナス15度と、外は激寒。

そう遠くには行けないはずでしたが、一向に戻ってこないため、心配になった母親は旭川東警察署に捜索願を出しに行ったのでした。

佐藤智広君の家族と出身中学校

佐藤智広君の自宅は北海道旭川市緑が丘の団地で、母親と2歳上の姉の3人家族。

両親は智広君が2歳の頃に離婚しているため、父親はいません。

離婚後、母親は介護士の資格を取って子供2人を女手一つで育ててきたようです。

そして、行方不明になった当時の佐藤智広君は、北海道教育大学附属旭川中学校1年生。

部活はサッカー部に所属し、ポジションはゴールキーパー。

運動神経抜群な上に成績も学年トップクラスで、医者を目指していたといいます。

そんな優等生がなぜ失踪したのか。

警察は母親からの捜索願を受け、自宅近くを捜索しましたが発見に至っていません。

中1の子供が立ち入りそうなコンビニや、マクドナルドなどを調べたそうですが、訪れた形跡はなかったそうです。

そうした結果、警察は家出と判断。

その理由ですが、何らかの事件・事故に巻き込まれた可能性も考慮し、捜索するも、川に落ちたり交通事故に巻き込まれたりした痕跡がなかったからです。

また、北朝鮮に拉致されたとも考えられず、移動手段のバス、電車、タクシーでの目撃情報もないということです。

Sponsored Link