ゴチ ピタリ賞 2019 7月4日の結果を予想!やらせとヒントで増田貴久?唐沢寿明?

P.Cタイトル下
ゴチになります 画像
   

2019年7月4日のぐるナイ「ゴチになります20・第13戦」は、今年2回目、令和になって初のピタリ賞が出たようです。

前回のゴチでピタリ賞が出たのは、2019年2月14日にオンエアされた「ゴチ20・第3戦」。

GACKTと元ゴチメンバーの二階堂ふみが、VIPチャレンジャーとして参戦した回で、ピタリ賞を獲得したのは新加入・千鳥のノブでした。

そして、今年2回目のピタリ賞が出た7月4日は、俳優の唐沢寿明とNEWSの増田貴久がVIPチャレンジャーとして参戦。

ゲスト2人といつものメンバー5人が、高級ハワイアン料理にチャレンジして、ピタリ賞を出したというわけです。

そこで今回は、ピタリ賞を誰が獲得したのかを予想したいと思うのですが、やらせ疑惑が囁かれている「ゴチ」だけに、意外な人がピタリ賞だったとしても不思議ではありません。

はたして一体誰がピタリ賞を獲得したのでしょうか?

予想は難しいですが、番組側のヒントも踏まえて、可能性のある人物を探ってみたいと思います。

Sponsored Link

ゴチ ピタリ賞 2019年7月4日の結果を予想

まず、2019年2月14日に放送された「ゴチ20・第3戦」のピタリ賞は、昨年の伊勢神宮開運ゴチで、元メンバーの優香が獲得して以来となりました。

このゴチ20・第3戦は、格付けで大活躍のGACKTや、レギュラーメンバーの田中圭、中島健人を予想する声がネット上であがっていましたが、結果、ピタリ賞を獲得したのは千鳥のノブだったのです。

そのノブが、7月4日の「ゴチ20・第13戦」で、2回目のピタリ賞を獲得したかというと、可能性は低いと思います。

というのも、過去の「ピタリ賞」のデータで、年間同じ人物が2度ピタリ賞を獲得した例は、2年前の「ゴチ18」に参戦していた大杉漣さんだけです。

大杉漣さんは、残念ながら昨年に亡くなってしまいましたが、2戦連続でピタリ賞を獲得。

これは、19年間で初めての出来事だったくらい珍しい記録で、今後も破られることはないと思います。

また、女性のレギュラーメンバーがピタリ賞を獲得したことも、今まで一度もありません。

過去に女性がピタリ賞を獲得したのは、高木美保、みちょぱ家、優香の3回で、全員がゲストでした。

なので、唯一の女性・レギュラーメンバーの土屋太鳳もないと予想します。

そして、岡村隆史、田中圭、中島健人といった残りのレギュラーメンバーの可能性ですが、この中でこれまで「ゴチ・ピタリ賞」を1度も獲得していないのは、田中圭と中島健人の2人です。

過去のゴチ・ピタリ賞獲得者を見てみると、レギュラーメンバーでは岡村隆史が5回と最も多く、続いて国分太一、大杉漣さんの2回、矢部浩之、船越英一郎、上川隆也の各1回ずつ。

今回、岡村隆史がピタリ賞なら、過去の最多記録を更新することになります。

しかし、そんなに多くピタリ賞を獲得できるとは思えないので、今回の岡村隆史はないと予想します。

そこで、可能性があるなら中島健人か田中圭になるのですが、中島健人に至っては、前回の「ゴチ20・第12戦」で1位を獲得。

過去に2戦連続1位→ピタリ賞という例は、千鳥のノブが「ゴチ20」の第2戦と第3戦で成し遂げていますが、やはり中島健人の可能性は低そうです。

結局、レギュラーメンバーであるとしたら、消去法で予想した田中圭でしょうか。

ゴチ・ピタリ賞歴代獲得者

・国分太一(2回)
・岡村隆史(5回)
・中居正広
・矢部浩之
・船越英一郎
・高木美保
・岡田准一
・上川隆也
・安田章大
・福士蒼汰
・大杉漣(2回)
・みちょぱ家
・優香
・千鳥・ノブ

Sponsored Link

ゴチ ピタリ賞 2019年7月4日はヒントの唐沢寿明?

2019年7月4日の「ゴチになります20・第13戦」の番組概要欄に、以下の文言が書かれています。

「そして結果発表では驚きの展開じゃ!やっぱ持っとる人は持っとるんよ。改めて奥様が山口智子さん。羨ましい…」

何やら、ピタリ賞に関するようなことが書かれているのですが、はたしてこれはヒントなのでしょうか。

文章通りなら、ヒントの答えはゲストの唐沢寿明ということになりますが、番組側がそんな簡単にネタバレしてくるとは思えません。

過去、ゲストがピタリ賞を獲得したのは、2002年の中居正広、07年の高木美保、09年の岡田准一、14年の安田章大、16年の福士蒼汰、18年のみちょぱ家、優香の7人。

このように、ゲストがピタリ賞を獲得した例はけっこうあるので、唐沢寿明の可能性は無くもないですが、どうもひっかけのような気がしてならないんですよね。

ゴチ ピタリ賞 2019 7月4日はやらせで増田貴久?

今回放送される「ゴチになります20・第13戦」の結果に限らず、長寿企画となった「ゴチバトル」では、以前からやらせ疑惑が浮上しています。

一応、舞台となるお店についても、カンニングの不正がないように、各出演者に使う店を知らせるのは本番の直前だとか。

さらに、出演者がその店を訪れているケースを踏まえて、収録本番の時には、番組用の特別メニューが用いられているそうです。

しかし、出演者やその関係者からは、結果発表前に存在する“空白の20分”が、やらせ疑惑を助長させているといいます。

ゴチバトルは全ての注文が終わった後、結果発表しますが、その間になぜか、20分以上もの“謎の空き時間”ができるのだとか。

一応、番組関係者らが「全員の金額の集計を行っている」と説明しているようですが、そんなのは出演者が食事をしているときなど、計算する時間はいくらでもあります。

この空白の20分間は一体何なんだろう?と、皆、謎に思っているらしく、いまだ真相が明らかになっていません。

さらには、特別メニュー制度やビリ決定に大きな影響が出てくる“おみやシステム”、ゲストのピタリ賞がジャニーズばかりなのが、やらせ疑惑の原因となっているようです。

そんなやらせ疑惑が囁かれている「ゴチ」なので、7月4日のピタリ賞も、ジャニーズの増田貴久の可能性がありそうです。

また、ゴチでピタリ賞が出る時は、何かイベントがある前のような気がします。

たとえば、前回の放送日2019年2月14日は、番組とは関係のない「バレンタインデー」というイベントがありました。

バレンタインデーなら、女性に人気のある、田中圭か中島健人にピタリ賞が出ると予想されましたが、結果はというと、1番バレンタインデーと関係の深いノブが獲得。

千鳥のノブとバレンタインデーの関係は、妻と付き合い始めた日であり、結婚記念日でもあったのです。

さらに、2014年の「ゴチ・15」では、「24時間テレビ」が始まる前にピタリ賞が出ました。

このとき、VIPチャレンジャーとして参加したのは「関ジャニ∞」の安田章大と渋谷すばるの2人で、「関ジャニ∞」はこの年のメインパーソナリティーでした。

結果、安田章大がピタリ賞の100万円、渋谷すばるがニアピン賞の5万円を獲得し、2人合わせた合計105万円が「24時間テレビ」に全額寄付されたのです。

なお、「ゴチになります」は、「24時間テレビ」と同じ日テレ。

そして今回も「24時間テレビ」が始まるすこし前に、ピタリ賞が出ているのです。

今年の「24時間テレビ」のメインパーソナリティーを務めるのは、2020年で活動休止となる嵐で、ほかのジャニーズタレントも総出演させるというウワサです。

結局、増田貴久が「24時間テレビ」に出演するのか、しないのかは今の所不明ですが、ジャニーズだけに、ピタリ賞を獲得する可能性はあると思います。

Sponsored Link