眞子様が破談?小室圭の母親の金銭トラブルが婚約破棄の理由か?

P.Cタイトル下
眞子様 小室圭 画像
   

秋篠宮家の長女・眞子様(まこさま)と、現在米国に留学中の小室圭(こむろけい)さんの婚約が内定していますが、結婚が延期されているることはご承知の通りです。

本来なら、お2人の結婚は2018年11月4日に予定されていましたが、一連の儀式を2020年まで延期することを宮内庁が発表したのです。

延期については「結婚後の生活に向けた準備不足」を理由に述べられており、週刊誌が報じていた小室圭さんの母親・小室佳代さんの金銭トラブルは関係ないとのこと。

報道によると、宮内庁の発表は婚約破棄とか破談ではなく、あくまで延期するだけであって、お2人に結婚する意思は変わらないそうです。

ただ、皇族の結婚延期は前代未聞の出来事に変わりありません。

理由はどうあれ、結婚式の期日まで決まっていた眞子様に世間からは「かわいそう」と同情する声が集まっているのです。

Sponsored Link

眞子様 破談を否定もかわいそうの声

眞子様の婚約者である小室圭さんを巡っては、複数の週刊誌が、母親・小室佳代さんの金銭トラブルを報じています。

そんな中で結婚の延期が発表されました。

報道の内容的に破談、婚約破棄があってもおかしくはなかったのですが、お2人の意思は変わらないとされています。

延期のことは、「結婚に向けて十分な準備を行う時間的余裕がない」との理由で、宮内庁から発表があったわけですが、もし、破談なんかにでもなっていれば、「かわいそう」の騒ぎで済まされません。

眞子様と小室圭さんは、一般の結納にあたる「納采(のうさい)の儀」を3月4日に控え、7月に眞子様がブラジルを訪問されたあと、11月4日に東京の帝国ホテルで結婚式を挙げる予定でした。

それを2020年まで延期するのは、かわいそうという声も当然あるのですが、実はお2人のご関係を整理するための時間だという見方もあるようです。

さらに、母親・小室佳代さんの金銭トラブル報道が影響していることも間違いなくある、との見方も強いのだとか。

また、過去に皇族が結婚の日程を変更をしたのは、すべて自然災害などによるものだったので、今回のような母親の金銭トラブルが理由で延期されたのは異例のこと。

眞子様は2017年の九州北部豪雨のため、婚約内定発表を2カ月延期されていたので、2回目の延期となります。

その他の例として、戦前に昭和天皇の結婚式が関東大震災の影響で延期されたこともありました。

また、天皇、皇后両陛下の長女・黒田清子さんの婚約内定の発表が2004年11月に予定されていたのが、新潟県中越地震に配慮して延期され、同年12月18日に、高松宮妃喜久子様が逝去されたことにより2度延期されました。

この日は、紀宮清子内親王と黒田慶樹さんの婚約内定発表の日で、喜久子様が病室でテレビ中継が見られるよう準備が進められていたのです。

Sponsored Link

眞子様の結婚延期は小室佳代の金銭トラブルが理由?

眞子様は小室圭さんの母親・小室佳代さんの金銭トラブルが理由で結婚が延期になっていますが、そもそも秋篠宮夫妻が結婚を反対していて、破談になる可能性もあるそうです。

お2人の結婚を反対しているのは、小室圭さんの母親の金銭トラブルが関係しているとの見方がある一方で、宮内庁はその事実を否定しています。

(母親・小室佳代さん)
小室圭 母親 画像

母親・小室佳代さんの金銭トラブルを最初に報じたのは「週刊女性」で、記事には小室圭さんの母親・佳代さんが元婚約者の男性から、約440万円を借りて返済をしていないという内容でした。

その後、「週刊新潮」、「週刊文春」が後追いの形で母親・佳代さんの金銭トラブルを報じたのですが、いまだに返済されないままだとか。

なかでも美智子さまは、皇室記事をほとんどチェックされているといい、今回の金銭トラブルを心配されているといいます。

ただ、一連の報道に関して小室さん側は元婚約者からの贈与であることを主張し、借金を否定しているのです。

金銭トラブルが報じられて間もないころ、小室圭さんは秋篠宮様に「この件は全く知らなかったので、直接説明したい」と申し出たとされています。

しかし、秋篠宮様は小室圭さんの申し出に「結構です」と断られたとか。

関係者によると、このとき秋篠宮様は、小室圭さんのことを信用しているから、断られた様子ではないように見えたそうです。

また、この件に関しては、小室さん側が秋篠宮様に申し出する前後に、宮内庁が極秘で小室さんを呼び出していたといいます。

その際、報道のあった金銭トラブルについての詳しい説明を小室さん側に求めたとされているのですが、そこでどのような話が行われたのかは不明。

しかし、母親の元婚約者から「金銭の提供」があったことを、小室圭さんははっきりと認識しているということでした。

眞子様は小室圭と婚約破棄?

小室さん側が贈与と主張する、440万円のお金については借用書がなく、小室圭さんが大学生だったころに「国際基督教大学の入学費用や留学費用に使われた」などと報じられています。

やはり、マスコミの報道で小室圭さんは皇族の結婚相手として、ふさわしくないと思われてしまったのでしょうか。

母親の金銭トラブルが延期の理由のひとつになっていますが、いまのところ破談、婚約破棄にはなっていません。

それにもし、破談にでもなれば、小室さんサイドに1億円以上の解決金を、支払わなければならないとウワサされていますが、そのウワサも否定しています。

ただ、今回、小室圭さんが金銭トラブルは解決済みとの文書を公表したことで、またもやひと悶着がありそうです。

小室圭さんの母親の元婚約者は「(母親が男性に)借金の清算を持ち掛けたが、断られた」などとする部分について、「断ったことなど一度もない」と主張。

双方の言い分に食い違いがあるため、場合によっては今度こそ婚約破棄、破談に発展しかねません。

はたして、金銭トラブルについて真相が解明される日は来るのでしょうか?

今後の展開がどうなるかに注目されます。

Sponsored Link