日渡駿が大塚ひかるの娘 りあらを虐待!親や兄弟 生い立ちについて調査!

P.Cタイトル下
日渡駿の画像
   

鹿児島県出水市明神町のアパートで起きた事件で、建設作業員の日渡駿(ひわたししゅん・21歳)が逮捕されました。

亡くなった大塚璃愛來(りあら)ちゃんは、日渡駿の交際相手の子供で、まだ4歳。

りあらちゃんの母親で、交際相手の大塚妃夏留(ひかる)も日渡駿と同じ21歳です。

そんな3人が出水市明神町のアパートに引っ越してきたのは、2019年7月からで、それまでは鹿児島県の薩摩川内市で生活していたそうです。

その時は、大塚妃夏留(ひかる)の母親も、一緒に住んでいたらしいのですが、現在、大塚妃夏留(ひかる)は、日渡駿の子供を妊娠中。

12月に出産を迎えるということもあって、明神町のアパートに引っ越してきたとされています。

そこで今回は、日渡駿の家族や生い立ち、数々の虐待について調査してみました。

日渡駿の親や兄弟 生い立ち

日渡駿の生い立ちは、共働き家庭の1人っ子として育ったらしいので、兄弟はいないようです。

家族は、両親の他に祖父と祖母がいて、幼い頃は母親と祖父母に甘やかされていたといいます。

ただ、父親に怯えていて、父親がいる時は、家の中で遊ぶことも許されない状況だったとか。

そのせいか、小学校の頃はつまらない嘘をつく子供。

周囲から仲間外れにされるなどのいじめを受けていたそうです。

そして、その反動からか、中学に入ると不良を気取るようになり、学校をサボるなどの問題行動が増えたのだとか。

ただし、不良と言っても強い者には歯向かわず、後輩や自分より力の弱い仲間を罵倒し、蹴ったりする弱いものイジメをしていたそうです。

その後、県内の公立高校に進学したものの、トラブルが元で謹慎処分を受け、自主退学。

日渡駿は刺青が話題になっていますが、成人式の時も金髪に黒のスーツ姿で参加し、来賓の挨拶中にヤジを飛ばして式を妨害していたといいます。

日渡駿の交際相手の大塚ひかる

日渡駿の交際相手の大塚妃夏留(ひかる)は、16歳で妊娠、17歳の2015年7月22日に、りあらちゃんを出産しています。

中卒の現在21歳のシングルマザーで、仕事は水商売。

毎日夜8時になると、店の送迎車が来て仕事に行っていたそうです。

大塚ひかるの画像

あと、大塚妃夏留(ひかる)の働いている場所ですが、ネットの情報によると、薩摩川内市で生活していたころは「ラウンジ レオン」というクラブにいたのだとか。

ただ、現在はとなりの出水市に引っ越しているので、店を辞めているかは謎です。

そして、亡くなった大塚璃愛來(りあら)ちゃんに関してですが、2年前に写真がツイッターでバズったことがあったそう。

当時は、母親の大塚妃夏留(ひかる)が、りあらちゃんの顔写真をツイッターにアップしたものの、加工しているとか、していないとかで揉めていたようです。

そのことを覚えていた人が、今回の件と同一人物と気付き、「前も叩かれていた」とツイートしています。

なお、大塚妃夏留(ひかる)のツイッターやインスタは、現在見ることができません。

日渡駿が大塚りあらちゃんを虐待

現場となった自宅アパートは、家賃62500円、間取りは2LDK。

建設作業員という日渡駿は、朝7時半に出て行き、夕方5時に帰宅していたそうです。

事件が起きた8月28日午後、「風呂場で溺れた」と日渡駿がりあらちゃんを病院に搬送。

死因は溺死だっそうですが、遺体に複数の傷があることが分かり、虐待の事実があることが判明したといいます。

今回の件について日渡駿は、「しつけだった」という内容の供述をしているらしいですが、アパートの住人は、夜8時から深夜2時までに複数回、「女の子の鳴き声を聞いたことがある」と語っています。

さらに、近所では雨が降る日にりあらちゃんが、玄関前に全裸で1人立たされていたという目撃談もあるとか。

また、薩摩川内市にいた頃にさかのぼると、今年3月にドラッグストアの店長が、夜10時にりあらちゃんが1人でいるところを見ています。

その時は、閉店間際に1人で店内に入って来たため、不審に思い警察に通報。

お菓子売り場に1人でいて、親の姿が見当たらないので名前を聞いたら「りあら」と名乗ったそうです。

報道によると、こういったことが多々あって、りあらちゃんは何回も警察に保護されていたようです。

結局、母親がいない間、日渡駿と2人きりだったみたいですが、日渡はというと、自身のツイッターやインスタなどに、仲間とのどんちゃん騒ぎや、パチスロで遊ぶ奔放な様子を度々アップ。

その様子からして、りあらちゃんを1人きりにして遊んでいたことが伺えます。

ただ、そんな日渡駿もりあらちゃんの葬儀で、人目もはばからず号泣していたとか。

日渡駿の祖母は、加害者となった孫を「優しくていい子だから」と庇っているそうですが、地元の知人は「実家に寄生し、贅沢三昧の暮らしぶりで、前の彼女も暴力に悩んでいた」と明かしています。

無力な4歳の女児が味わった絶望の日々は、察するに余りあるのは言うまでもありません。