ブラジル バスジャックの犯人と人質女性の結末(その後)がヤバい!

P.Cタイトル下
ブラジル バスジャック事件の 画像
   

2000年6月12日に発生した「ブラジル バスジャック事件」は、ブラジル・リオデジャネイロで、174路線バスの乗客11人を人質に立てこもった事件。

バスジャックした犯人の名前はサンドロ・ド・ナシメント。

この日、サンドロ・ド・ナシメントは、最初に車内強盗を働こうとしていたのです。

ところが、その強盗もすぐに見つかり、計画が失敗に。

その後、通報によって駆けつけた警察官に取り囲まれてしまったのです。

すると、逃げ遅れてしまった犯人のサンドロ・ド・ナシメントは、銃を振りかざし、そのまま乗客を人質にとって立てこもったのでした。

また、現場では、バスジャック事件のことが、またたく間にマスコミに知れ渡ることになります。

そして、テレビ局のリポーターたちが押し寄せ、多くのテレビ局がこのバスジャック事件を、ブラジル全土に生中継したのです。

結局、バスジャック事件の模様は4時間に渡り生中継され、テレビを観た野次馬たちも現場に駆けつける騒ぎに。

その後も、騒ぎでパニック状態になった犯人のサンドロ・ド・ナシメントと、警察の緊迫した攻防が続けられたのでした。

そこで今回は、「ブラジル バスジャック事件」の犠牲者や人質女性の結末。

犯人のサンドロ・ド・ナシメントの生い立ちなどについて、まとめてみました。

犯人の生い立ち

「ブラジル バスジャック事件」の犯人、サンドロ・ド・ナシメントの生い立ちは、1978年7月7日にリオデジャネイロで、もっとも貧しいスラム街で生まれました。

父親はサンドロ・ド・ナシメントが生まれる前に亡くなっているため、母親に育てられたとされています。

それに貧しいスラム暮らしでも、明るい元気な子だったとか。

ただ、そんなサンドロ・ド・ナシメントも、幼い頃に母親を目の前で殺され、親戚の叔母に引き取られてから人生が一変。

以来、母親のことを忘れようと、叔母と妹の元から離れ、路上で暮らす「ストリートチルドレン」となったのでした。

※ストリートチルドレンとは、家が貧しかったり、親に育ててもらえなくなり、都会の路上で働いたり生活している子どもたちのこと。

その後、サンドロ・ド・ナシメントは、リオデジャネイロの旧市街にある「カンデラリア教会」に移住します。

カンデラリア教会は、薬物の売買など犯罪に関わった家の無い子供たちの簡易宿泊所として、飲食や教育指導などの援助を行っている場所だったのです。

カンデラリア教会虐殺事件に遭遇

1993年7月23日、当時15歳のサンドロ・ド・ナシメントは、カンデラリア教会に宿泊する「ストリートチルドレン虐殺事件」を体験。

この事件は「カンデラリア教会虐殺事件」と呼ばれるもので、警官を含む武装した集団が銃を乱射し、8人のストリートチルドレンが亡くなったのです。

ブラジルのストリートチルドレンたちは、生きていくために窃盗や強盗などの犯罪を行うので、警察や市民にとっては邪魔な存在。

また、警察によるストリートチルドレンに対する暴行は、日常的に行われていました。

そして、ついに襲撃事件が起きるのですが、当日、サンドロ・ド・ナシメントもカンデラリア教会に居たといいます。

目の前で次々と仲間が虐殺されますが、幸いにもサンドロ・ド・ナシメントは生き残ったのです。

この事件に衝撃を受けたサンドロ・ド・ナシメントは、この頃から薬物を使用するようになったとか。

さらに、生活を維持するために、窃盗を繰り返すようになったといいます。

そうした犯罪を繰り返してきたサンドロ・ド・ナシメントは、度々補導され、結局パードリ・セヴェリーノ少年院送りに。

少年院から出てきても、再び犯罪に手を染め、刑務所に何度も収監される生活を送ったのでした。

ブラジル バスジャック事件 人質女性の結末

ブラジル バスジャック事件を起こした犯人のサンドロ・ド・ナシメントは、人質の乗客を脅しはするものの、もともと殺す気など全くありませんでした。

というのも、ストリートチルドレンとして犯罪に手を染めてきましたが、殺人は1度も犯したことがなかったのです。

それでも「自分はカンデラリア教会虐殺事件の生き残りだ」と発言し、警察を挑発。

何度も「俺には失うものは何も無い」と叫んだりしたのです。

そして、膠着状態が続く中、サンドロ・ド・ナシメントは、乗客の男子大学生や持病の発作を起こしかけていた老婆など、数人の人質を開放。

また、残った人質に対しては、発砲するから死んだフリをするように命じたり、悲鳴を上げさせ犠牲者が出ているかのように演技させたのです。

しかし、この自作自演も警察は、犯人と人質らの芝居であることを見抜いていました。

その理由は、サンドロ・ド・ナシメントが殺人を犯した犯罪歴がないことと、人質の中に一か八かで脱出を試みる者が、誰一人としていなかったからです。

結局、人質に発砲したフリをして警察を挑発しても、事態は進展せず。

その後も、サンドロ・ド・ナシメントは、銃を外に向けて発砲したり、人質の女性に口紅を使って、フロントガラスに『6時に彼は私達を皆殺しにする』というメッセージを書かせたりしました。

ブラジル バスジャック事件の人質 画像

そして、予告時間の午後6時10分前、ついに事態は動きます。

サンドロ・ド・ナシメントが人質女性1人を盾に取り、バスから降りてきたのです。

すると、配備していた特殊部隊がサンドロ・ド・ナシメントの背後に接近。

物音に気付いたサンドロ・ド・ナシメントが振り返ると同時に、特殊部隊員が2発の銃弾を発砲したのです。

しかし、特殊部隊の発砲は失敗しており、1発は盾となっていた人質女性の顔に命中。

一方、犯人のサンドロ・ド・ナシメントも、反撃で3発発砲します。

ところが、3発の銃弾もまた、人質女性の背中に命中してしまったのです。

被害者となった人質女性は教師で、その後の結末は、病院に搬送されるも、死亡が確認されたのでした。

また、無傷のサンドロ・ド・ナシメントの元には、待機していた警察だけでなく、バスを取り囲んでいたヤジ馬も乱入し、現場は大混乱に。

そして、警察に取り押さえられたサンドロ・ド・ナシメントは、そのまま警察車両に押し込まれ、連行されたのでした。

ブラジル バスジャック事件 犯人のその後

ブラジル バスジャック事件は、犯人逮捕で一応解決するのですが、まだ続きがあります。

その後、犯人のサンドロ・ド・ナシメントは、警察に連行されるのですが、道中、車内で首を絞められて絞殺されたのです。

これがブラジル バスジャック事件の結末。

警察の発表によれば、犯人のサンドロ・ド・ナシメントが、警察車両の中でひどく暴れたため、やむを得ず首を絞めて気絶させようとした、とあります。

結局、サンドロ・ド・ナシメントの犯行動機は、生きるための犯行であって、殺人を犯すつもりは到底なかったのです。

ちなみに、サンドロ・ド・ナシメントを窒息死させた警察官は、裁判で無罪となり、その後も警察官として働いているということです。