ナターシャカンプシュ監禁事件 犯人の写真とその後は?

P.Cタイトル下
ナターシャカンプシュ 画像
   

誘拐された後、監禁され、消息不明のまま何年か経って無事発見されることはあまりありません。

日本にとどまらず、世界中でもこのような誘拐・監禁事件が発生し、奇跡的に発見されたケースがあります。

その1つが1998年3月、オーストリア・ウィーンで起きた「オーストリア少女監禁事件」です。

これは、当時10歳の少女・ナターシャカンプシュが、学校の登校中に誘拐・監禁され、3096日後に無事保護された事件。

この「オーストリア少女監禁事件」は、埼玉朝霞市で起きた少女監禁事件で、逮捕された寺内樺風容疑者が手口を参考にしていた、と言われる事件です。

ナターシャカンプシュを誘拐した犯人は、通信技術者のウォルフガング・プリクロピル(写真あり)で、少女とは顔見知りでした。

プリクロピルは8年半もの間、ナターシャカンプシュを自宅の地下室に閉じ込め、監禁していたのです。

そこで今回は、「ナターシャカンプシュ監禁事件」で行った脱出方法や、現在のナターシャカンプシュの仕事、また犯人のウォルフガング・プリクロピルがその後、どうなったのかについてまとめてみました。

Sponsored Link

ナターシャカンプシュ監禁事件(オーストリア少女監禁事件)とは

1998年3月、当時10歳の少女・ナターシャカンプシュは、オーストリアの首都・ウィーン市内にある学校へ向かって歩いている時に、誘拐されました。

当時、母親と2人で暮らしていたナターシャカンプシュは、事件に巻き込まれる前日の晩に、母親と口げんかになったといいます。

そして、事件当日の朝、母親とは口も利かずにそのまま出かけたのです。

また、この日のナターシャカンプシュは、初めて1人で登校する日でもありました。

当時の欧州は、これまでにも児童ポルノや臓器売買の目的で幼い子供が誘拐された後、殺害される事件が度々起きていたのです。

そのことをTVなどを観て知っていたナターシャカンプシュは、自分はぽっちゃりしている上にブロンドではないため、ターゲットにされないと思い込んでいたのだとか。

ところが、そんな思いとは裏腹に、ナターシャカンプシュは失業中だったウォルフガング・プリクロピルに誘拐され、車の中に押し込められたのです。

(ナターシャカンプシュ監禁事件 犯人のウォルフガング・プリクロピル写真)
ナターシャカンプシュ 犯人の写真

その後、犯人のウォルフガング・プリクロピルは、ウィーン郊外の自宅の地下室にナターシャカンプシュを監禁。

こういった場合、ふつうは性的虐待を受けていてもおかしくはないのですが、ウォルフガング・プリクロピルは、性的興味を示さなかったといいます。

そのため、当分の間は地下室に閉じ込められはしたものの、特に何かをされることもなく、十分な食事も与えられていました。

ところが、初潮を迎えると同時に、ウォルフガング・プリクロピルの態度が激変。

これまでとは打って変わって、身体的・精神的な虐待が始まるととともに、大幅な食事制限が始まったのです。

繰り返される虐待の日々が続く中、ナターシャカンプシュは18歳になったら自立すると決心。

そんなある日、犯人のウォルフガング・プリクロピルに電話がかかり、目を離したすきに逃走を図ったのです。

こういった事件が発覚すると、いつも世間は「なぜ、周囲は気づかなかったのか?」「なぜ、逃げられるチャンスがあったはずのに、逃げなかったのか?」と疑問を抱くと思います。

しかし、これは、長期間にわたる監禁生活を実際に味わったことがない人たちには、とうてい理解できないこと。

案の定、監禁されていた間、近隣住民は庭でナターシャカンプシュを見かけたり、ウォルフガング・プリクロピルと一緒に外出している姿も目撃されていました。

そのときに助けを求めてさえいれば、もう少し早く事件は解決したかもしれませんが、ナターシャカンプシュにとっては恐怖心の方が勝っていたのでしょう。

それともう1つ、この事件が8年半もの間解決しなかったのは、警察の捜査のずさんさが原因でした。

何度か警察は、犯人のウォルフガング・プリクロピル宅に捜査に来たにも関わらず、何も発見できずにいたのです。

しかも、タレコミの電話があったにもかかわらず、それを真剣には取り合わなかったとか。

警察の捜査のずさんさは、被害者のナターシャカンプシュが保護されてから2年後、政治的な絡みで明るみになったのでした。

Sponsored Link

ナターシャカンプシュのその後

犯人の一瞬の隙をついて、逃走することに成功したナターシャカンプシュは、最初に近隣男性宅に助けを求めました。

その男性宅には、息子と孫がいて、ナターシャカンプシュが「警察に連絡して欲しい」と頼んだのですが、拒否されています。

次に人が暮らしていそうな家を見つけ、庭に侵入。

そして助けを求めて、ようやく警察に保護されるわけですが、住人の女性は「なぜ他の人もたくさんいるのに私なの?!」と、当初は警察に電話することを拒んでいたとか。

こういった当時の出来事は、保護されてから5年後の2010年9月に、本人がつづった手記『3,096 Days』に書かれています。

そして『3,096 Days』はその後、映画化され、ナターシャカンプシュは翌年、本の印税と全世界各地から届けられた寄付金を使って、スリランカに小児病院を建設したのでした。

また、事件発覚後のナターシャカンプシュはというと、世の中の生活に慣れようと努力をつづけ、2010年には大学を卒業。

手記を出版したのはその後のことで、現在、ナターシャカンプシュはオーストリアのTV曲のアナウンサーになって、トーク番組の司会者などを行っているそうです。

ナターシャカンプシュ監禁事件の犯人

「ナターシャカンプシュ監禁事件」の犯人・ウォルフガング・プリクロピルは、「完璧な世界」を目指し、当時10歳のナターシャカンプシュを誘拐しました。

ウォルフガング・プリクロピルの生い立ちについては、明かされていませんが、もともとは母親と祖母の3人で暮らしていたとみられます。

そんなウォルフガング・プリクロピルは、結婚せず、独身。

目論んだのは、誘拐して服従させることだったのです。

そうすれば、自分が思い描いた夫婦生活が送れると思っていたといいます。

しかし、だいたいそんな動機で誘拐したところで、普通の夫婦生活なんか送れるはずもなく、この世に完璧な世界など存在しません。

結局、誘拐したナターシャカンプシュを逃がしたことにより、ウォルフガング・プリクロピルは線路に飛び込んで自殺を図り死亡。

ナターシャカンプシュは被害者なのに、ウォルフガング・プリクロピルが死んだことを聞かされ、涙したそうです。

ただ、ナターシャカンプシュが涙したことに、捜査員は誘拐犯などと一緒に生活する時間が長いと、被害者に一体感などが生じる「ストックホルム・シンドローム」の状態に陥っていた可能性がある、と述べています。

Sponsored Link