宮迫博之のフライデー画像は野口和樹と!ロンブー亮も解雇引退?

P.Cタイトル下
宮迫博之 フライデー 画像
   

お笑い芸人・雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が、所属先の吉本興業を解雇されました。

謹慎中だった宮迫博之の解雇理由について、吉本興業は、「今後のマネジメントの継続に重大な支障が生じたと判断したため」としています。

なお、重大な支障というのは、19日発売の写真週刊誌「フライデー」が報じた件だったようです。

フライデーは、宮迫博之が半グレ金塊窃盗事件の主犯格・野口和樹被告らと、キャバクラで一緒に写った写真を掲載。

さらに、宮迫博之が10万円ほど小遣いをもらったという内容を記載しているのです。

また、フライデーは、別件として、先月に吉本興業を解雇されたカラテカ入江と、「ザ・パンチ」のパンチ浜崎(38)が、刺青の入った複数の男性と一緒に写った写真も掲載。

パンチ浜崎も宮迫博之と同じ謹慎中の身でしたが、こちらは注意のみで終わったようです。

そこで今回は、宮迫博之が解雇される決め手となった半グレ集団や、カラテカ入江の件で謹慎中のロンブー亮(47)の進退について、まとめてみました。

Sponsored Link

宮迫博之のフライデー画像は野口和樹と

フライデーが報じた闇営業問題で、謹慎中だった宮迫博之の去就が注目されていた中、吉本興業は19日付けでマネジメント契約を解消したことを発表しました。

解雇は、一連の騒動にけじめをつけるために、宮迫博之から引退の申し出があったとされていましたが、吉本興業は否定しています。

なお、宮迫博之の引退会見もあるとか報じられていましたが、契約解消は、よしもとのホームページにて発表。

したがって、会見の予定はないということです。

そして、契約解除の決め手となった「フライデー画像」ですが、一緒に写っている人物に問題があったのです。

フライデーの記事によると、写真は2016年7月27日、大阪・北新地のキャバクラで撮られたもので、この日、宮迫博之は仲間と一緒に飲んでいたのだとか。

一方、金塊窃盗事件の主犯格・野口和樹被告のグループも別のテーブルで飲んでいたといいます。

そのグループの1人が、宮迫博之と顔見知りで、気づいた宮迫が男に挨拶。

そこで一緒に乾杯しようということになり、その流れで記念撮影を撮ったとされています。

さらに、宮迫博之の帰り際に、同席者の1人が謝礼金を手渡したとのこと。

目撃者によると、その額は5~10万円だったとか。

しかし、今回の報道について、関係者は以下のように否定しているのです。

「宮迫さんは“キャバクラの待合で声を掛けられて写真を撮っただけで、そんな人からお金をもらうわけがない”」。

宮迫博之が野口和樹被告のグループから、金銭を受け取っていないというのは、忘年会の闇営業のギャラ問題でウソがバレているだけに、信ぴょう性にかけます。

もし、本当に金銭を受け取っていなかったら、吉本興業が宮迫博之を解雇する必要はなかったように思います。

Sponsored Link

宮迫博之と一緒に写真に写っている野口和樹とは

野口和樹被告は、2016年7月8日に福岡県で発生した「金塊窃盗事件」の主犯格。

この事件は、博多駅前で7億6000万円相当の金塊が盗まれ、後に10人が逮捕されています。

金塊窃盗事件のほかにも、野口和樹被告は、高級自動車を狙った窃盗犯のリーダーとして、何度も逮捕。

その後も、2005年に2億円相当のパソコンなどを盗んだとして、逮捕されている常習犯なのです。

また、金塊窃盗事件後、窃盗犯グループと芸能人との交流疑惑も取り沙汰されました。

たとえば、野口和樹容疑者とオネエタレントのGENKINGが親密だったことが判明し、以来、GENKINGは干された状態に。

さらに、犯人の1人と有名グラドルが、交際しているというウワサも流れました。

そして極めつけは、換金役の小松崎太郎被告のフェイスブックに、『NEWS』の手越祐也と親しげにしている写真がアップされていたことです。

小松崎太郎被告のフェイスブックには、手越祐也のほか、さまざまな著名人との写真が多数掲載されていました。

手越本人は、窃盗犯グループとの交流疑惑を否定していますが、芸能人と親密な関係があるのは間違いないでしょう。

その筆頭者が、カラテカ入江だったようです。

カラテカ入江は、反社会的な仕事をしている人物のパーティーの司会だけで、月収200万円ほど稼いでいたとか。

当然、野口和樹容疑者らとも顔見知りだったらしく、その繋がりで宮迫博之も、グループの1人と面識があったとされているのです。

ロンブー亮も解雇?引退?

フライデーが報じた詐欺グループの忘年会には、カラテカ入江をはじめ、宮迫博之、ロンブーの田村亮、ガリットチュウの福島善成、レイザーラモンHGなどが出席していました。

この闇営業で、ギャラ50万円を受け取っていたのが、ロンブーの田村亮です。

※カラテカ入江の忘年会記事はこちら

ちなみに、刺青の入った男性らと一緒に写っている写真を、フライデーに報じられたパンチ浜崎のギャラは3万円だそうです。

(カラテカ入江とパンチ浜崎)
パンチ浜崎 フライデー 画像

ロンブーの田村亮は当初、忘年会に出席したことを認めたものの、ギャラに関しては「もらっていない」と主張。

しかし、後になって、実際は受け取っていたことを認めたため、世間の批判を浴びたのです。

そして、現在も謹慎処分が下されたままのロンブー亮に、宮迫博之と同様、解雇、引退のウワサが流れています。

ただ、吉本興業によると、ロンブー亮の進退については協議中とのこと。

しばらくは、このまま謹慎処分を継続するということなので、今すぐ解雇、引退はないと思われます。

Sponsored Link