中山功太 実家が金持ちも損害賠償で裁判沙汰に!キャバ嬢を暴行!?

P.Cタイトル下
中山功太 しくじり 画像
   

2009年開催のピン芸人NO1決定戦「R-1ぐらんぷり」で優勝した、よしもとのお笑い芸人・中山功太(39)といえば、実家が金持ちとして話題になりました。

そんな中山功太に、キャバ嬢の暴行疑惑が取り沙汰されているのです。

この件は約2年前に、「週刊新潮」が報じて発覚しました。

新潮の記事によると、中山功太は都内のキャバクラに勤めていた当時28歳の女性に暴行し、肘や足などに打撲を負わせたとあります。

被害に遭った女性は「急性ストレス性障害」と診断され、仕事もできない状態となり弁護士に相談。

示談を持ちかけたところ、中山功太が一切否定してきたため、220万円の損害賠償を請求することになったということです。

また、この件に関しては、2017年9月1日から東京地裁で損害賠償を求める裁判が始まっているということなのですが、なぜそのようなことが起きたのか。

被害者女性の話では、突然変貌して、暴行されたと訴えています。

原因は、どうやら中山功太の方が付き合っていると思っていたらしく、勘違いにより起こった騒動だったようです。

そこで今回は、現在仕事がなくなった中山功太の暴行疑惑について、まとめてみました。

中山功太の実家は金持ち

かつての中山功太は、実家が金持ちの「お坊ちゃま芸人」として、よくテレビなどに出演していました。

中山功太の実家は、父親がソファベッド製造会社を経営。

折り畳み式ベッドで一財を築いた自宅は27LDKKで、トイレ4ヶ所+風呂2ヶ所の計33部屋。

車はベンツ等4台を所有し、自分専用のメディアルームやサウナまで付いていたそうです。

また、実家が金持ちだったため、幼少期に誘拐されかけるという逸話もあるのだとか。

そんな金持ちの家で生まれた中山功太は、何不自由なく育てられたといいます。

ところが、2006年、実家のソファベッド製造会社が倒産。

瞬く間に、全ての財産を失うことになったそうです。

それでも父親は、中国で新しい会社を立ち上げ、母親も働かなければならないと、大阪NSCへ入学。

芸人の道へ進んだ母親は、NSC36期生で、のちにピン芸人「アケミ・シャイニング」としてデビューしたのでした。

中山功太 キャバ嬢を暴行か?

新潮が報じていることが事実なら、中山功太は、よしもとから解雇されてもおかしくありません。

キャバ嬢の暴行が発覚する前の中山功太は、関西中心にテレビなどに出演。

レギュラー番組を抱えるほど人気がありました。

2009年に開催された「R-1ぐらんぷり」では、エハラマサヒロやバカリズムを抑えて優勝。

翌年には東京進出したものの、人気はそう長く続きませんでした。

そんな状態にも関わらず、芸人をやってられるのは、実家が金持ちだからと言われていたのです。

それに、もともと中山功太は相当なお坊ちゃんで、親からの仕送りが月何十万とあるため、売れてなくても生活に困らないのだとか。

ただ、その中山功太から暴行を受けたと、都内のキャバクラに勤めていた28歳の女性が訴えているのです。

記事によると、中山功太との出会いは、2017年3月のこと。

中山功太が店にお客として来たらしのですが、当初、女性はお笑い芸人だと気が付かなかったといいます。

また、当時の中山功太の態度は、腰が低くて紳士的。

来店して1か月半後のパーティーで再会した際も、優しかったといい、翌日の深夜に誘われ中山功太の自宅へ。

そこで肉体関係を結んだそうです。

このキャバ嬢は、自分の行動を「軽率でしたがここまでの彼は優しくつい気を許してしまった。ただ彼からすると自分のオンナになったという思い込みが始まったように思います」と反省しています。

ここまではよくある話だと思うのですが、勘違いから、次第に中山功太の方からのアプローチがしつこくなっていったのだとか。

さらに、相手の女性が店に出勤すると、早速中山功太から「好き?」といった、LINEが多数送られてくるようになったといいます。

接客中でもしつこく連絡がくるので、怒った女性は、仕事が終わった深夜、中山功太に電話すると「後輩が来ている、顔を立てて来てくれ」と言ってきたそうです。

女性は、ちゃんと話そうと思い、訪ねることにしたのですが、ここで中山功太の態度が豹変し、暴行を受けることになるのです。

中山功太 損害賠償で裁判沙汰に

女性が部屋に着いたのは、明け方だったらしく、室内には酒の空き缶が並び、中山功太は後輩芸人2人と打ち合わせを行っていたといいます。

後輩には、付き合ってもいないのに「彼女だ」と言っていたそうです。

そして、しばらくすると、突然、中山功太が相手の女性に「お前布団引け」と言ってきたのだとか。

それまでは、「みきちゃん(仮名)」と呼んでいたらしいのですが、急に変貌。

女性が帰ろうとすると、もみ合いになり、腕や髪を引っ張り回されて床や壁に叩きつけられたのだといいます。

相手の女性はとりあえず、その場から逃げ帰り、難を逃れたものの、先ほどの暴力で肘や足などに打撲を負っていたそうです。

さらに、翌日から数日間、中山功太からの着信やメッセージが多数携帯電話に入ってきたのだとか。

そこには「好きだ」とか、「声を聞きたい」とかストーカーと化したメッセージが。

被害者の女性が「連絡しません」と言った直後には、「今でも大好きや」などと、しつこく迫ってきたといいます。

精神的に追い詰められた女性は、急性ストレス性障害と診断され、仕事もできない状態となり弁護士に相談。

中山功太に示談を持ちかけたらしいのですが、一切否定してきたそうです。

そして、このままではらちがあかないので、220万円の損害賠償を請求することに。

その裁判は2017年9月1日から東京地裁で始まり、中山功太の出方に注目が集まったのです。

この件の一番の争点は、髪の毛を掴むなどの暴行や暴言です。

ところが、中山功太は、暴力行為に関して「ともにございません。向こうは付き合っているつもりはなかったと、途中から言っていますが、初日にシャンプーや化粧品を置いて行っています。その時点で僕は付き合っていると思っていました。めっちゃ好きになりましたし、なぜこうなったのか理解できません」と、裁判でも勘違いに気がついてなかったそうです。

結局、新潮が報じた裁判沙汰は、当然、よしもとの耳にも入っていると思われますが、中山功太は解雇されず。

実家が金持ちなので、あっさり示談で済ましたのかもしれません。