真木よう子が太ったり激やせするのは病気?ダイエット方法が気になる!

P.Cタイトル下
真木よう子 画像
   

女優の真木よう子(36)といえば、2016年度「第69回カンヌ国際映画祭」のイベントに出席した際、激太りした姿を見せて話題になりました。

そのときの真木よう子は、これまでと比べ、まるで別人になっていたことに驚かされたのです。

ところが、その後の真木よう子は、激太りから激やせ体型に。

当時、ガリガリに痩せすぎていたことについて、世間から「病気が原因?」とウワサになったのです。

そして、現在も太ったり、やせたりを繰り返していますが、結局、その理由は役作りのために、ダイエットしたのではないかという声もあるようです。

たしかに、真木よう子は、以前にフジテレビ系ドラマ『セシルのもくろみ』で、2年ぶりにドラマ主演を務めていました。

ガリガリに激やせしていたのは、ちょうどこの頃なので、ドラマの役作りでダイエットしたスタイルを、キープし続けていたとの見方が大半だったのです。

真木よう子がドラマ『セシルのもくろみ』で演じたのは、女性ファッション誌に、読者モデルとしてスカウトされて生活が一変する母親の役でした。

ドラマの構成がモデルに関わっているとなれば、以前の太った姿のままでは印象が悪くなります。

真木よう子が病気を患っているという情報もないので、どうやら「激やせ」の理由は病気が原因ではなく、ドラマの役作りと見るのが正解なのかもしれません。

そこで今回は、太ったり激やせして話題になる、真木よう子のダイエット方法などについてまとめてみました。

Sponsored Link

真木よう子が太った原因

2017年6月末にツイッターを開設し、個性的なつぶやきとフォロワーへの丁寧な返信。

また、コミケ騒動で炎上して話題になった真木よう子ですが、同時に自身の「激やせ」も注目を集めていました。

よく、激やせ=病気に関連付けされますが、真木よう子の場合は、病気が原因ではなかったようです。

そんな真木よう子といえば、2016年に映画「海よりもまだ深く」に出演。

この作品は、2016年度「第69回カンヌ国際映画祭」の『ある視点部門』に出品されたのです。

その際、出演者の阿部寛や故・樹木希林さん、是枝裕和監督らと現地を訪れ、出席したレッドカーペットイベントで激太りの姿を露呈し、世間を驚愕させたことがあります。

真木よう子 激太り 画像

このときは、以前と比べ別人に変貌した容姿に「離婚が原因?」、「ストレスが原因で太った?」などとネット上で話題に。

太った理由は、確かに離婚をしたことによる、ストレスが原因だった可能性も考えられます。

真木よう子は、2008年11月に元俳優の夫・片山怜雄氏と結婚するも、2015年9月中旬に離婚。

夫の片山氏とは円満離婚で慰謝料は発生せず、当時6歳だった娘の親権を、母親である真木よう子が持ったとされています。

なので、離婚でストレスを抱えていたということは、あまり考えられず、激太りしたのは、何か他のことが原因だった可能性がありそうです。

そこで、真木よう子が太った原因を検証してみたところ、役作り説と豪遊説の2つの原因が判明。

豪遊説に関しては、2016年4月に歌舞伎町で一晩2000万円使ったという報道があったのです。

当時の報道によると、真木よう子が歌舞伎町に出入りするようになったのは、2016年になってから。

離婚後は自由な身になったため、娘を母親に預けて遊びまくっていると書かれていたのです。

そのことから、激太りしたのは、豪遊での不摂生が原因などと報じられていましたが、真偽のほどは定かでありません。

そして、もう1つの「役作り説」ですが、当時の真木よう子は、2016年11月3日公開の映画「ぼくのおじさん」に、ハワイ在住の日系四世という役柄で出演。

ハワイ日系四世に見合う風貌になるために、わざわざ太ったのではないかという説が浮上していたのです。

Sponsored Link

真木よう子の激やせは病気?

激太りする前の真木よう子は、「激やせ」の時期もありました。

結局、太ったり、やせたりを繰り返しているのは、病気ではなくて「役作り」のためのようです。

真木よう子が役作りのために、激やせしたといえば、2017年7月~9月に放送されたドラマ『セシルのもくろみ』。

ドラマ『セシルのもくろみ』は、ファッション雑誌業界を舞台に、専業主婦・独身・共働き・シングルマザーといったさまざまな立場の女性たちがぶつかり合いながら、幸せを探していくストーリーで、唯川恵の同名小説が原作です。

真木よう子 激やせ 画像

このドラマで真木よう子が演じたのは主人公・宮地奈央役でした。

真木よう子演じる主人公・宮地奈央は、小さな幸せに満足している3人家族の母親でしたが、人気女性ファッション誌『ヴァニティ』に読者モデルとしてスカウトされて生活が一変。

新たな価値観を次第に見つけて、変貌していく姿を描いています。

ファッション雑誌業界が舞台となったドラマなのに、主人公が太っていると構成がそぐわない。

真木よう子が激やせした理由は、そういう役作りがあってのことだったと思われます。

真木よう子のダイエット方法

現在の真木よう子は、また太った印象がありますが、激やせに関しては、2015年にも話題になったことがあります。

このときの激やせは、自身のインスタに掲載した写真から判明。

写真は、しゃがんでいる姿が写っていたのですが、着ているTシャツの襟元が緩んで、自慢のバストが消失し、鎖骨が浮き出ていたのです。

そんな姿にファンからは、「病気ですか?やせすぎてキレイじゃないですよ!」「ガリガリ?ダイエットのしすぎ?」などと、心配する書き込みが寄せられていました。

ただ、当時もダイエットというよりかは、日頃の忙しさから、やつれたのが激やせの真相だったようです。

また、真木よう子は、痩せていてもダイエットすることがあるといいます。

と言っても、真木よう子のダイエット方法は、よくある誰にでもできる方法なので、参考にしてみて下さい。

※真木よう子のダイエット方法
・夜7時以降は食べない。

・夕食は炭水化物を抜く。

・5キロのランニング。

・適度の腹筋

真木よう子は太ったら、上記のダイエット方法で、やせたりを繰り返しているそうです。

Sponsored Link