カラテカ入江のフライデー(画像)は大野春水と金宣秀の忘年会?ギャラは?

P.Cタイトル下
カラテカ入江 フライデー 画像
   

お笑い芸人・カラテカの入江慎也(42)が、会社を通さず闇営業をしていたとして、所属先のよしもとを解雇されたようです。

カラテカ入江の悪行は、週刊誌「フライデー」が報じたことで判明しました。(画像あり)

フライデーの記事によると、カラテカ入江は、詐欺グループが催した忘年会に芸人仲間を仲介したと書かれています。

忘年会に出席した芸人の名前は、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)、ロンブーの田村亮(47)、レイザーラモンHG(43)、ガリットチュウの福島善成(41)で、仲介した入江自身は、司会を担当していたそうです。

なお、この件で解雇処分が下されたのは、カラテカ入江のみ。

ほかの4人については、忘年会に出席したことを認めたそうなのですが、詐欺グループの忘年会だったということを知らなかったため、厳重注意処分で済んだようです。

ただ、この4人は本当に詳細を知らなかったのでしょうか。

詐欺グループの忘年会ということは知らなかったとしても、闇営業だったことは分かっていたはず。

しかも、ギャラ100万を受け取ったことを否定しているそうですが、出席した5人全員が受け取っているという情報も寄せられています。

そこで今回は、カラテカ入江をはじめ、宮迫博之、ロンブーの田村亮、レイザーラモンHG、ガリットチュウの福島善成が出席したという、詐欺グループの忘年会についてまとめてみました。

Sponsored Link

カラテカ入江が仲介した忘年会のフライデー画像

カラテカ入江の人脈の広さは有名ですが、詐欺グループとも関係を持っていたようですね。

ただ、カラテカ入江は、よしもとに対して以下のような釈明をしたそうです。

「知り合いの結婚式を兼ねたパーティーだと聞かされており、 自身はその知り合い・グループが特殊詐欺を行っていたことは知らなかった」

そして、カラテカ入江が芸人仲間を仲介したとした件ですが、フライデーによると、2014年末に催した詐欺グループの忘年会だったそうです。(画像あり)

カラテカ入江 忘年会 画像

この詐欺グループは、2015年に男女計40人が逮捕された詐欺グループで、幹部の名前は大野春水と金宣秀。

残りの38人は、電話をかける「架け子」役でした。

当時のニュースには、以下のように報道されています。

「架空の太陽光発電会社の社債購入などを持ちかける手口で、昨年1月以降、全国で60件、計20億円以上をだまし取っていたとみられる。」

カラテカ入江らが出席したのは、この詐欺グループが逮捕される前に開催された忘年会だったのです。

また、幹部の大野春水、金宣秀と人脈があったカラテカ入江が、よしもとから契約解除されたのは、当然のことだったのだと思います。

Sponsored Link

宮迫やロンブー亮も忘年会のギャラを受け取っていた?

フライデーによると、忘年会に出席した芸人には、1人あたり100万円のギャラが支払われていたということです。

さらに、忘年会の動画や写真も入手していることもあって、芸人たちは言い逃れできなかったようですね。

ただ、ギャラに関してですが、直撃取材を受けた宮迫は、忘年会に出席したことは認めつつ、『ギャラは受け取ってない』と回答したのだとか。

もし、このことが本当なら、カラテカ入江がギャラを独り占めしたことになるのですが、猫組長が宮迫の回答を否定するようなツイートをしているので、紹介しておきますね。

ロンブー亮 過去にも謝罪

今回、フライデーが報じている忘年会に、ロンブーの亮も参加していたということですが、過去にもロンブーの亮は問題を起こして謝罪しています。

ロンブーの亮が謝罪したのは、フライデーに17歳女子高生とのスキャンダルを報じられた狩野英孝が、都内で謝罪会見を開いたときでした。

会見の模様はAbemaTVでも放送され、ロンブー亮は自身のツイッターと連携しっぱなしだったことに気付かずに、狩野英孝を擁護する投稿を連発したのです。

その後、連動されているのを知ったロンブー亮は、あわてて批判ツイートを削除。

「業界各社の方々、関係者の方々、記者の方々、大変申し訳ございませんでした。 この仕事をしている者として、大変失礼で軽率なコメントを載せてしまい反省しております。」と謝罪のツイートを掲載したのでした。

※ロンブー亮がAbemaTVのコメントとツイッターが連携していることに気付かずにツイートした問題発言

・「ジャニーズやバーニングにもコレくらい聞けたら、認めるけど、弱小事務所の時はコレやもんなぁ??」
・「記者、何がしたいの?イジメです。ハラスメント」
・「記者、ウザ??」
・「ひどい記者」
・「記者もジャニーズやバーニングにもコレくらい聞けたら、認めるけど、弱小事務所の時はコレやもんなぁ??」
・「記者が聞かないんだもの」
・「ジャニーズはいいなぁ?」
・「狩野英孝は悪ないと思う。」
・「相手も分かってんねんから、言えないのは仕方ない。」
・「年齢の確認」
・「結婚したら、オッケーなのにね。」
・「合意でしょ!」
・「今後、付き合うにあたってでしょ!」
・「後、チョットで彼女になるかな?って状態だったって事でしょ」

ロンブー亮の投稿は、ジャニーズやバーニング、記者などを批判するかのツイートでした。

投稿を削除した後、謝罪のコメントを掲載しましたが、ネット上では「ジャニーズとバーニングに喧嘩売ってはさすがにマズいでしょ。」「これは干されるな。」「亮の言うとおりだ!」といった声が寄せられたのです。

Sponsored Link