祈りの幕が下りる時の人物相関図 キャストの子役の演技に号泣!

P.Cタイトル下
映画 祈りの幕が下りる時 画像
   

祈りの幕が下りる時は、大人気作家・東野圭吾の同名長編推理小説を映画化した作品。

原作は、現在10作品からなる加賀恭一郎シリーズで、累計1200万部の超ベストセラーとなっています。

さらに、シリーズの連続ドラマは、たちまち大人気となり高視聴率を連発。

その新参者シリーズが、この作品でついに完結します。

そんな映画「祈りの幕が下りる時」は、主人公・加賀恭一郎の過去に迫るとともに、父親との確執の原因であった、加賀の母親の謎が解けるのも、見どころのひとつになっています。

また、松嶋菜々子の幼少期を演じた、キャストの子役・桜田ひよりの演技に号泣者が続出。

これまでのシリーズの中で、最も親子の絆を感じさせてくれる作品となりました。

そこで今回は、映画「祈りの幕が下りる時」の人物相関図や、キャストの子役・桜田ひよりについてまとめてみました。

Sponsored Link

映画 祈りの幕が下りる時の人物相関図

映画「祈りの幕が下りる時」は、原作の著者である、東野圭吾らしい複雑な人物相関図と、目まぐるしく転回するストーリーが特徴。

そして、本作品の最大の魅力は、何といっても「親子愛」です。

例えるなら、「泣けるヒューマンミステリー」といったところでしょうか。

劇中ではいつものように、加賀恭一郎が複雑に絡み合った心の糸を読み解き、事件解決へと導いて行く。

その温かいやり取りに、誰もが号泣すると思います。

そんな新参者シリーズが、ついに最後の事件を迎えるわけですが、最後の謎解きも、これまた東野圭吾らしい感情あふれるシーンになっています。

主人公は、警視庁捜査一課から日本橋署に配属になった新参者刑事・加賀恭一郎。

阿部寛演じる加賀恭一郎は、人の心を読む天才で、ウソを見抜き人の心の謎を解きます。

加賀恭一郎とバディを組むのは、警視庁捜査一課の刑事・松宮脩平。

松宮修平は加賀恭一郎と、いとこの関係で、本作品では加賀に対し、敬語を廃止して撮影に挑んでいます。

そして、その他に登場する人物相関図ですが、まずは今回の作品のキーマンになるのは、浅居博美演じる松嶋菜々子です。

浅居博美は、東京都葛飾区小菅のアパートで発見された「絞殺死体事件」の鍵を握る舞台演出家で、演じる松嶋菜々子と阿部寛は初共演となりました。

なお、映画の舞台が滋賀ということもあり、関西弁のセリフを言う松嶋菜々子にも注目です。(中島ひろ子が演じる被害者・押谷道子は、滋賀県在住)

さらに、豪華俳優陣が映画「祈りの幕が下りる時」に集結しました。

レギュラー陣からは、加賀恭一郎の父親・加賀隆正役の山﨑努、看護師・金森登紀子役を演じる田中麗奈が出演しています。

映画「祈りの幕が下りる時」のキャスト一覧と人物相関図

映画 祈りの幕が下りる時 人物相関図 画像

出典元:ciatr

・加賀恭一郎 – 阿部寛

・加賀隆正 – 山﨑努

・浅居博美 – 松嶋菜々子

・浅居博美(20歳) – 飯豊まりえ

・浅居博美(14歳) – 桜田ひより

・浅居忠雄 – 小日向文世

・浅居厚子 – キムラ緑子

・松宮脩平 – 溝端淳平

・金森登紀子 – 田中麗奈

・苗村誠三 – 及川光博

・田島百合子 – 伊藤蘭

・宮本康代 – 烏丸せつこ

・大林(警視庁捜査一課主任) – 春風亭昇太

・坂上(警視庁捜査一課刑事) – 須田邦裕

・石垣(警視庁捜査一課刑事部長) – 上杉祥三

・横山一俊 – 音尾琢真

・押谷道子 – 中島ひろ子

・上川菜穂 – 杏(カメオ出演)

・田倉慎一 – 香川照之(カメオ出演)

・米岡彰文 – 恵俊彰(カメオ出演)

Sponsored Link

映画 祈りの幕が下りる時はキャストの子役の演技に号泣

映画「祈りの幕が下りる時」は、見た人の多くが号泣する感動大作になっています。

その涙を誘うシーンで、「この子役は誰?」と言わしめたのが、女優の桜田ひよりです。

桜田ひより 画像

松嶋菜々子の幼少期を演じた桜田ひよりは、当時、中学3年生の子役。

劇中で見せた小日向文世との親子関係で、見た人を感動させました。

また、小日向文世といえば、コメディのイメージがどうしてもあるのですが、本作品に限っては、父親・浅居忠雄役を演じて共演者を泣かせたそうです。

当然、桜田ひよりにも、共演者から「すばらしい!」と絶賛の声が集まったということですが、そもそもこの天才少女は一体誰なのか。

子役上がりの桜田ひよりは、2002年12月19日生まれで、現在16歳。

幼い頃は、「クラージュ・キッズ」に所属し、成田ひよりの名前でキッズモデルとして活動していました。

その後、現在の桜田ひよりに改名するとともに、「研音」に移籍。

ドラマデビューしたのは、2013年11月23日に放送された「冤罪死刑」で、その後は、同年放送の連続ドラマ「明日、ママがいない」で、芦田愛菜や鈴木梨央らと共演。

翌年の2014年は、TAKAHIROや岩田剛典らEXILEメンバーが出演していた連続ドラマ「ワイルド・ヒーローズ」で、記憶喪失に陥っている少女・五嶋日花里役を演じて注目されました。

そして、「ワイルド・ヒーローズ」で注目された桜田ひよりは、麻雀漫画『咲-Saki-』の実写化ドラマ、映画「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」の主演に抜擢され話題に。(先代の主演は浜辺美波)

また、昨年はティーン向け雑誌「Seventeen」の専属モデルに選ばれるなど、幅広く活躍中です。

映画 祈りの幕が下りる時は新参者シリーズを見たことない人でも楽しめる?

「新参者」それは、警視庁捜査一課から日本橋署に配属になった刑事・加賀恭一郎を主人公とした連続ドラマです。

まず、ドラマは、2010年4月にスタートし、2011年にはスペシャルドラマ「赤い指」が放送されました。

「赤い指」は、事件と並行して、加賀恭一郎と父親の確執について、家族のあり方について問う作品となっています。

2012年には、映画「麒麟の翼~劇場版・新参者~」が公開。

「麒麟の翼」は、日本橋で起こった殺人事件のその裏にある、切なくもはかない真実に多くの人が涙しました。

そして、2014年は「眠りの森」がスペシャルドラマ化。

「眠りの森」の加賀恭一郎は、バレエダンサーたちの絡み合う悲しき真実をひも解き、シリーズの人気を確固たる地位に導きました。

なので、映像化される度に話題となる「新参者シリーズ」の魅力は数え切れないほどあるわけですが、果たして、「祈りの幕が下りる時」はシリーズを見たことなくても楽しめるのでしょうか。

結論から言うと、見たことがなくても楽しめると思います。

ただし、人間関係など、細かいところを知っておくことに越したことはないでしょう。

映画「祈りの幕が下りる時」は、過去の作品からの続きというわけではありませんが、知らないと気づけない伏線や描写が出てくるので、出来れば、過去の作品を見ておくことをお勧めします。

映画 祈りの幕が下りる時のあらすじ

東京都葛飾区小菅のアパートで女性の絞殺死体が発見される。

被害者は滋賀県在住の押谷道子。

殺害現場となったアパートの住人・越川睦夫も行方不明になっていた。

やがて捜査線上に浮かびあがる美しき舞台演出家・浅居博美(松嶋菜々子)。

しかし彼女には確かなアリバイがあり、捜査は進展しない。

松宮脩平(溝端淳平)は捜査を進めるうちに遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることを発見する。

その事実を知った加賀恭一郎(阿部寛)は激しく動揺する。

それは失踪した加賀の母に繋がっていた—。

引用元:TBSチャンネル

Sponsored Link