ノスケ 癌のステージと余命は?misonoと入籍していないの?

P.Cタイトル下
ノスケ misono 画像
   

精巣癌による胚細胞腫瘍を患っていることを公表していた「HighsidE」のドラマー・Nosuke(ノスケ・29)が、左睾丸の摘出手術を受けていたことが判明しました。

ノスケが手術を受けていたのは、11月17日だったことを嫁のmisono(34)が「ノンストップ!」にVTR出演した際、公表したそうです。

その際、misonoは旦那・ノスケの症状について、「どんどん痩せてきて、どんどん食欲もなくなって」と、現在の激痩せを告白。

SNSにアップしていたノスケ自身の写真は、加工していたことを明かしたといいます。

また、11月17日の手術では、左睾丸を摘出したものの、胃の下にある胚細胞腫瘍の手術は出来なかったそうです。

手術が出来なかった理由は、胚細胞腫瘍が15センチと大きいためで、今後は手術可能な大きさになるまで化学療法や放射線などで小さくしていき、経過を見たのちに再手術するとか。

そこで今回は、ノスケの癌ステージや余命、misonoと入籍してなかった理由について検証してみました。

Sponsored Link

ノスケの激痩せ(画像)

癌で闘病中のノスケは、激痩せしているのを隠すために、写真を加工してSNSにアップしていたそうです。

ノスケといえば、もともと痩せていて、「関ジャニ∞」の錦戸亮上に似ていると話題だったのですが、現在はより一層激痩せしてしまっているようです。

(激痩せのノスケ)
ノスケ 激痩せ 画像

ですが、術後の経過が順調で、食べられてなかったのが、少しずつ食べられているといいます。

現在は、激痩せがどこまで回復してきているのか気になりますが、このまま順調に行けば、元の体重くらいに戻る可能性はあるかもしれません。

そんなノスケは、これまで山田親太朗率いるロックバンド「HighsidE」のドラムを務めていました。

嫁のmisonoとの出会いは数年前、「クイズヘキサゴン」で共演した山田から紹介されたのをきっかけに、2016年2月ごろから交際がスタート。

交際中は、互いのブログやインスタにツーショット写真をアップするなど、親密ぶりを隠すことなく公開し、2017年7月に東京・多摩のサンリオピューロランドで挙式したのでした。

Sponsored Link

ノスケの癌のステージと余命は?

ノスケが患った精巣癌は、25~35歳くらいの男性に多くみられる病気で、転移していたとしても適切な治療を行えば、ほとんど根治できるそうです。

それに精巣癌になるのは、10万人に1人程度だとか。

極まれな病気なので、ステージによっては余命が危ぶまれそうですが、シスプラチンなどの抗がん剤治療がよく効くので、治る可能性が高いと言われています。

なお、ノスケの場合は、15センチもの胚細胞腫瘍が胃の下に発生しています。

胚細胞腫瘍の平均年齢は15歳くらいなので、本来なら子供に発生することが多く、90%が20歳未満に発生するそうです。

さらにステージを見ていくと、腫瘍は精巣のみで転移を認めないのがステージ1。

極小さなリンパ節に転移があるのをステージ2、横隔膜より下のリンパ節に転移があるのをステージ3。

リンパ節以外の臓器に転移があるのを、ステージ4に分類されているのがわかります。

いまのところノスケは、リンパ節以外の臓器に転移がないようなので、ステージ3aと診断されていますが、適切な療法を行うと、根治が期待できます。

また、余命の方も転移していなければ、85%の5年生存率が得られているとか。

ただし、転移が認められた場合の余命5年生存率は、60%まで下がってしまうようです。

ところで、旦那・ノスケの癌を公表したmisonoに「売名行為」などと、批判があがっていますね。

ただでさえ、misonoに関しては、炎上クイーンとして世間を騒がせることはありますが、今回に限ってはmisonoを批判するのはおかしい話だと思います。

ノスケにしても、本当は癌を公表したくなかったのかもしれません。

ただ、もしかすると同じ状況で癌と戦っている人がいるかもしれないし、まだ検査もしていない人のためにと、公表することを決意したといいます。

なので、ぜひとも完治して欲しいと思います。

ノスケとmisonoは入籍していない?

ノスケとmisonoは8回も結婚式を挙げているものの、婚姻届は提出していない事実婚であることを告白していました。

ところが、現在はと言うと、入籍を済ませているそうです。

これまで入籍しなかった理由は、ノスケが喪中だったり、misonoの祖父が亡くなったりして、タイミングが合わなかったからだといいます。

そして喪が明けると今度は別居婚を報告。

同居していた頃は、マンションの家賃代20万円や光熱費をすべてmisonoが負担していました。

と言うのも、ノスケの収入が0円の時もあったり、ギャラをもらっても数万円しかなかったのでヒモ状態だったのです。

そのことがテレビで放送されると、misonoは「子作りと子育てに入りたい。彼の収入だけで生活したい」と訴えていました。

また、そのころは妊活に励んでいることを明かしていましたが、その後に受診した病院から妊活はおこなわないよう、注意されたことを明かしたのです。

ただ、妊活を中止した理由は明かしていませんが、ノスケの癌は別居して、1ヵ月後に検査で発覚。

2人はお互いの時間を持つために別居したらしのですが、misonoは別居がノスケのストレスとなって、病気になったのではないかと思っているようです。

Sponsored Link
スポンサーリンク