阿藤快の息子の母親は誰?家族は嫁と離婚して孤独死だった!?

P.Cタイトル下
阿藤快 息子 画像
   

2015年11月14日に急死した、俳優の阿藤快さん(享年69歳)の死因は「大動脈瘤破裂胸腔内出血」でした。

突然の死に「孤独死」という報道を見かけますが、実際はそのとおりだったのかもしれません。

と言うのも、亡くなった後、阿藤快さんの知られざる家族関係を週刊誌が報じているのです。

そこに書かれていたのは、2度の離婚と葬儀に嫁の姿がなかったこと。

ほかにも、似ている1人息子の阿藤基(もとい)氏との確執などが書かれていました。

生前の阿藤快さんは、自身のプライベートについてはほとんど語ることがなく、マネージャーすら知らなかったことが多々あったといいます。

さらに、家族について多くを語らなかったため、息子に関しても隠し子疑惑が出たほどだったそうです。

そこで今回は、阿藤快さんの息子の母親などについてまとめてみました。

Sponsored Link

阿藤快と息子 阿藤基は似ている?

自身の誕生日に亡くなってしまった阿藤快さんの死因は、「大動脈瘤破裂胸腔内出血」でした。

生前の阿藤快さんといえば、旅番組やグルメのリポーターとしても活躍。

亡くなる前日まで普通に仕事をこなしていたといいます。

ですが、病気の予兆は亡くなる2カ月ほど前からあったらしく、テレビの医療系番組で心臓の血管が詰まっていると指摘されたり、周囲に「背中が痛い」と訴えることがあったようです。

専門家によると、背中の痛みは「大動脈瘤破裂の典型的な症状」なんだとか。

そのため、阿藤快さんは亡くなる1週間前にマッサージを受けるなどして、痛みに耐えながら活動していたそうです。

また、阿藤快さんが亡くなったときの状況はというと、東京都新宿区内の家賃20万円台のタワーマンションに一人暮らしで、倒れているのを阿藤さんのマネージャーが発見。

その後、事務所から連絡を受けて、妹と姪がそのマンションに駆けつけたそうです。

週刊誌によると、阿藤快さんは複雑な家族関係で、いろいろなことが謎だったとか。

通夜などの喪主は、阿藤快さんと似ていると言われている息子の阿藤基氏がつとめ、報道陣への対応は妹さんが行っています。

なお、離婚した嫁が葬儀に出席していたのかは不明ということですが、他人では出演したドラマ「下町ロケット」で共演した阿部寛や、長年親交があった女優の名取裕子、グルメリポーターの後輩・彦摩呂、パンチ佐藤らが参列していたそうです。

Sponsored Link

阿藤快の息子の母親は誰?

阿藤快さんに似ていて”生き写し”とまで言われる、1人息子の阿藤基氏の職業は俳優ではありません。

トラック運転手を経て、現在は、東京・江戸川区の金属工場に勤務しているそうです。

そして、息子の阿藤基氏の母親ですが、阿藤快さんは大学1年の時、女子美短大の学生だった人と1973年に結婚しています。

結婚当時の阿藤快さんは、すでに俳優として活動していました。

ですが、まだ収入が少なく、生活費は嫁が面倒をみていたそうです。

そのときに誕生したのが息子の阿藤基氏。

下積み時代、嫁に支えられた阿藤快さんは、その後、俳優として大成して行きましたが、93年ごろに離婚。

離婚理由は、お互いの生活目標が変わってきたからだったそうです。

そして、離婚する際、息子の基氏は母親との生活を選択。

それを機に息子の基氏と会うこともなくなり、家族関係について語るのを嫌がるようになったそうです。

また、阿藤快さんは、1995年に7歳年下の女性と再婚しているのですが、2人目の嫁とも数年後に離婚しています。

それ以来、1人で生活していた阿藤快さんは、自身のプライベートについてはほとんど語らず。

そのため、隠し子疑惑が浮上。

息子の基氏のことが知られていなかったのは、父親みたいに俳優をしてなかったためですが、没後は阿藤快 追悼公演「居酒屋夢の郷 殺人事件」のスタッフとして舞台に協力したのでした。

阿藤快の家族と離婚した嫁の現在

阿藤快さんが嫁と離婚していることなど知っていた人は、ごく一部の関係者だけでした。

また、生前は1人暮らしで家族がいなかったので、妹と姪が発見したとき、死後2日が経過していたそうです。

ちなみに、息子の基氏の母親は現在、布を使ってブーケを作る教室を開いて指導しているとか。

2人目の嫁の現在は明らかになっておらず、離婚理由も不明。

阿藤快さんは、自分のことをほとんど語らなかったため、離婚理由についても明かさなかったそうです。

ところで、阿藤快さんの死因となった「大動脈瘤破裂胸腔内出血」ですが、そもそも亡くなる2ヵ月前から異変が現れていたようです。

「大動脈瘤破裂胸腔内出血」とは、心臓から出ている太い血管(大動脈)にできた瘤(こぶ=大動脈瘤)が破れ、突然死することも多い病気。

緊急手術によって助かる率は10~20%程度だそうです。

それに、ほとんどが血管などの病気からくるのが孤独死と言われています。

孤独死する人の多くは1人暮らしの高齢者。

周囲に助けてくれる人がいないことから孤独死するケースが多いので、阿藤快さんに家族がいれば、助かっていたのかもしれません。

Sponsored Link