笹原雄一の死因 病名は癌?過去のトラブルはツイッターの炎上や乱闘も!

P.Cタイトル下
笹原雄一と上西小百合の画像
   

上西小百合元議員(36)の元秘書だった笹原雄一氏が、今年2月頃に死去していたことが分かりました。(享年54)

今のところ死因については、病気としか発表されていませんが、おそらく病名は癌だった可能性が高そうです。

笹原雄一氏といえば、上西小百合が議員だった頃に謝罪会見を行った際、横からアドバイスを行った人物。

秘書が議員に指示を出していることから「何者?」と話題になりました。

しかも笹原雄一氏は、言葉遣いが乱暴な上、自身のツイッターでは一般市民に暴言を吐き度々炎上。

また、2017年6月に上西小百合議員が「共謀罪反対集会」で演説している際には、秘書の笹原雄一氏がヤジに対して乱闘騒ぎを起こしたこともあったのです。

そこで今回は、笹原雄一氏の死因や、過去にあったトラブルなどについてまとめてみました。

Sponsored Link

笹原雄一の死因 病名は癌?

笹原雄一氏は、2017年8月で上西小百合議員の秘書を辞めています。

それ以来、音沙汰なしでしたが、今年2月に亡くなっていたということです。

また、報道によると、今まで亡くなっていることが分からなかったのは、笹原氏の強い希望があってのことだったとか。

ただ、死因に関しては、現在、何も発表されていません。

分かっていることとしては、病死だったということと、最期はガリガリに痩せていたそうです。

その様子から推測すると、病名は癌。

生前の笹原雄一氏は、酒が好きで、上西小百合議員から「本当にお酒やめて欲しい」と注意されていたくらいです。

なので、酒が原因で癌になった可能性があります。

しかも、死因が酒と関係していたのなら、病名は肝臓癌だったのかもしれません。

肝癌は、酒を飲まない人でもなる病気ですが、ほとんどはアルコールが原因。

また、ステージにもよりますが、肝癌と診断された場合の5年生存率も低いとされています。

以上のことからも、やはり笹原雄一氏の死因は、癌だったのではないかと思います。

Sponsored Link

笹原雄一のトラブル ツイッターが炎上

度々トラブルを起こして話題になった笹原雄一氏は、演劇プロデューサーや音楽事務所「イーミュージック」の代表取締役を務めた後、2016年2月に、上西小百合衆院議員の公設第2秘書になりました。

なぜ上西小百合議員の公設秘書になったかというと、もともと芸能事務所にいた際、上西議員にトークライブ出演を打診したことがきっかけだったといいます。

当初はイベント出演などのマネジメントを笹原雄一氏の会社が行い、上西小百合議員の事務所には、笹原氏の会社の社員を秘書として派遣していたのだとか。

ところが、『すいません、戻りたい』という社員が続出したとして、仕方なく笹原雄一氏が公設秘書になったと説明しています。

そんな笹原雄一氏は、自身のツイッターのコメントに対し、すさまじい言い返しをして度々炎上を起こしていました。

ある意味、上西小百合元衆院議員より、注目される存在だったのです。

笹原雄一の乱闘

上西小百合元衆院議員が、「共謀罪反対集会」で演説した際、ヤジなどの罵声が飛び交ったことがありました。

これに腹を立てたのが、当時の公設秘書・笹原雄一氏です。

笹原雄一氏は、ヤジを飛ばした相手に向かって「うるせえ、てめえら。騒いでて楽しいだろう」と、たんかを切ったのです。

そして、この発言がきっかけとなり、乱闘騒ぎに。

結局、乱闘騒ぎの動画がネットで拡散されると、「公設秘書ってどれだけ偉いんだ」「内ゲバで笑った」などといったコメントがネット上に寄せられたのです。

さらに、笹原雄一氏が東国原英夫氏を呼び捨てにして、言い争いになったこともありました。

2人が言い争いしたのは、2016年3月2日放送の「ゴゴスマ~GOGO! Smile!~ 」。

この日は、上西小百合議員と東国原英夫氏が、直接バトルをするという企画で、ふたりが言い争いに。

そんな中、ある人物が突然カメラの外から「東が…」と発言したのです。

これには東国原英夫氏も「あんた誰ですか?」と、カメラの外にいる笹原雄一氏を指差して問い返していました。

すると、上西小百合議員が「うちの政策秘書です」と説明。

東国原英夫氏は、「秘書が”東”って呼び捨てはどうなんですかね?」と、笹原雄一氏に噛みついたのですが、笹原氏は、「上西に言っている! 上西に『東が』と言っている。あなたに言っていない!」と反論したのです。

そして、カメラが止まると再び東国原英夫氏が、「初対面の人間に対して”東”って呼び捨てはどうなんですかね?」と噛みつくと、笹原雄一氏は謝罪。

カメラが回っているときにその言葉が聞きたかったとして、何とかその場がおさまったのでした。

Sponsored Link