登坂淳一 嫁との離婚原因と再婚相手は?退職理由は女性問題だった!?

P.Cタイトル下
登坂淳一 白髪の画像
   

2017年に嫁と離婚していた元・NHKアナウンサー登坂淳一氏(48)が、今年3月に再婚したことを発表しました。

再婚相手は、菅野美穂似の30代一般女性だとか。

しかし、再婚相手が北海道在住のため、いまだに一緒には暮らしていないようです。

そんな登坂淳一アナといえば、「麿」の愛称で親しまれ、2018年の1月11日にNHKを退職。

現在は、大手芸能事務所「ホリプロ」に所属し、フリーとして活動していますが、そもそもは「週刊文春」に女性問題を報じられたのが、NHKの退職理由ではないかとされています。

そこで今回は、登坂淳一アナの再婚相手や、嫁との離婚原因、NHKの退職理由などについて調査してみました。

Sponsored Link

登坂淳一 嫁との離婚原因と白髪問題

登坂淳一アナの元嫁は、NHK局で同期だった永谷幸代さんです。

2人は2001年に結婚しましたが、2017年に離婚。

元嫁との間に、子供はいなかったようです。

また、登坂淳一アナの髪が白髪なのは、離婚や地方のドサ回りなどのストレスが原因などと言われていますが、もともと東京のNHK時代から白髪でした。

決して白髪になった原因は、嫁と離婚したストレスなどではなく、それまで黒く染めていたのを2006年ごろから止めただけなのです。

(登坂淳一アナの元嫁・永谷幸代の画像)
永谷幸代

そして、現在、元嫁の永谷幸代さんは、NHK大阪編成局編成部の副部長として活躍しているのですが、永谷さんにも「ある疑惑」が持ちあがっていました。

それは、登坂淳一アナと交際中のときの話らしいのですが、元嫁の永谷幸代さんは、当時NHK職員だった立花孝志議員を自宅に招き入れていたそうです。

立花孝志氏は、東京都葛飾区議会議員ですが、当時はNHK局員であり、しかも既婚者でした。

このことが発覚したのは、立花議員が自身のYouTube動画で、永谷幸代さんと関係があったことを暴露したからなのです。

さらに何を思って言ったのか、立花議員は、「NHKではごくごく当たり前に行われている」と話したため、物議をかもしたのでした。

結局、登坂淳一アナと元嫁の永谷幸代さんの離婚理由は、立花議員が不倫関係を暴露したのが原因だったのでは?と言われています。

もし、このこと事実なら、元嫁だった永谷幸代さんも批判を受けることになります。

はたして、離婚理由は嫁の不倫が原因だったのか、それとも登坂淳一アナの女性問題が原因だったのか。

登坂淳一アナいわく、文春に報じられたセクハラ問題は関係ないそうです。

Sponsored Link

登坂淳一の再婚相手は?

登坂淳一アナは、1997年、NHKに入社。

新人時代から高いアナウンス技術を評価され、8年目で定時の「NHKニュース」を担当するなど、若くして異例の出世コースを歩んでいました。

しかし、2010年に札幌放送局に異動することになります。

ウワサによると、地方に飛ばされた理由は、局内不倫がバレたからだとか。

相手は、同局の塚原愛アナ(43)で、登坂淳一アナと同じく2010年に、NHK松山放送局に異動させられています。

そして、登坂淳一アナの再婚相手ですが、きっかけは、2010年に札幌放送局に移動した際、知り合ったそうです。

ただ、その時は、特に何もなかったらしいのですが、鹿児島放送局に異動後の17年5月に女性と再会。

そこからすぐに交際が始まり、再婚に至ったということです。

登坂淳一の再婚相手

なお、再婚相手の名前などについては、一切明かされていません。

分かっているのは、北海道庁の職員だということ。

それに、再婚した嫁は札幌時代に不倫していた相手と、ウワサがあるようですが、これについてはおそらく違うと思われます。

登坂淳一アナの退職理由は女性問題?

文春によると、登坂淳一アナは札幌放送局時代の2011年に、セクハラ問題を起こしたとして、大阪放送局への移動を命じられたとしています。

そして、その相手についてなのですが、文春は、当時20代の契約キャスターと報道。

ネット上では、セクハラした相手を「出田奈々アナウンサーでは?」と推理していましたが、真偽のほどは不明のままです。

(登坂淳一アナの女性問題 相手とされる出田奈々アナの画像)
出田奈々アナ

ちなみに、登坂淳一アナにセクハラされたとウワサになった出田奈々アナは、1983年11月6日生まれの35歳。

2006年、NHKに入局し、2014年3月まで情報番組「ゆうどきネットワーク」のキャスターを務めていました。

また、見た目に反して食いしん坊だという出田奈々アナは、かねてから交際中の自民党・辻清人氏と2014年12月に結婚し、翌年の9月3日に第1子となる女児を出産。

旦那の辻清人氏とは知人の紹介で知り合ったらしく、2014年7月、東京2区から立候補した選挙は無事当選を果たしています。

一方、登坂淳一アナは札幌放送局時代のスキャンダルが原因で、大阪放送局、鹿児島と地方を転々とし、最終的に東京復帰はかないませんでした。

特に最後の勤務地だった鹿児島では、デスク業務のみで、担当番組なしという閑職に追いやられていたのだとか。

そして、文春がセクハラ問題の件について、登坂淳一アナに取材を申し込むと、一旦は所属のホリプロを通じて「取材を受ける」と回答があったといいます。

しかし、約束の時間になっても、登坂淳一アナは部屋にこもりっきりで姿を見せようとしなかったそうです。

結局、取材を受けるのを辞めるということになり、弁護士が代わりに取材に応じたのだとか。

弁護士の返答は「NHK在籍時に一切処分は受けておりません。事実と異なるご指摘があり、大変困惑しております」と文春の内容を否定。

なので、登坂淳一アナの退職理由は女性問題ではなかったようなのです。

では一体、退職理由は何だったのか。

登坂淳一アナ本人いわく、後輩の育成が上手くいかなくなったからだそうです。

結局、仕事に対する姿勢や会社とのズレを、敏感に感じ取ってしまったのだと思われます。

ただ、登坂淳一アナは、最近になって、文春が報じたセクハラ問題を認めたのでした。

Sponsored Link