転職活動でのスーツ着用に関する主たる注意点

転職の為には、もちろん自分が働きたいと考える企業で面接は受ける事になります。それで転職の面接にふさわしい服装は、たいていはスーツです。

アパレル業界などはスーツでない方が良い事もありますが、基本的にはスーツが望ましいでしょう。そしてスーツには、いくつか注意点があります。

 

1.人事選考の採用基準と清潔感

 

少なくとも人事選考では、身だしなみを確認される事だけは間違いありません。それは面接官に対する印象には関わってくるからです。最低限でも、清潔感がある印象を心がけるべきでしょう。

やはり清潔感が欠けると思われてしまいますと、印象はあまり良くありません。自分がスーツを着用している姿を鏡などで見て、清潔感は確認しておくべきでしょう。

 

2.シワがあるスーツは着用すべきでない

 

それでスーツに関して気を付けるべき点の1つは、シワの有無です。やはりシワが寄っているスーツだけは避けるべきでしょう。

シワだらけのスーツを着用しているようでは、やはり印象は良くありません。

 

3.フィットしていないスーツはシワが生じやすい

 

ところでスーツに対するシワは、体にフィットしているかどうかに左右されるのです。とりわけ次の箇所は要注意です。

・背中
・腕
・パンツ部分

これらの箇所は、スーツの中でもシワが生じやすいと言われています。自分の体型に合致していないスーツを着用してしまうと、上記のような箇所にシワが寄りやすいのです。

ですからスーツを購入する時などは、まずは自分の体型に合致する物を選び、鏡でシワの有無は確認すべきでしょう。少なくとも、試着だけは行っておくべきです。

 

4.面接前にはスーツを何回か着ておく

 

それとスーツは、ある程度は着用しておく方が良いです。購入したばかりのスーツなどは、面接で着用しない方が良いでしょう。というのも購入したてのスーツは、おかしく見えてしまう事が多いのです。

スーツは、ある程度は体になじませる必要があります。ですから面接を受ける前までに、何回かは着用しておくのが大切です。3回や4回程度は着用をしておくと、だんだん体になじんできます。

少なくともスーツを購入したその日の内に、面接に行く事だけは避けるのが望ましいです。

カメラ映りを完璧に|転職ノウハウ編|コラム転職徒然草

 

好印象なスーツ姿を心がける

 

以上をまとめれば、

・清潔感を心がけるべき
・体にフィットしてシワが無いスーツを選ぶ
・面接前に何度か着用する方が良い

主にこのように言えます。結局は、自分が面接を受ける会社の担当者に対する好印象を心がけるべきなのです。自分のスーツ姿を客観的に見て、おかしくないかどうかを確認しておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です