転職理由は言い回しを変えて良い印象を与える

転職の際、採用担当者が一番訊きたいことはやはり転職理由ですし、応募者が一番訊かれて困るのもまた転職理由です。

今回は、転職理由についての上手い書き方、返し方をご紹介します。

 

1.履歴書においての転職理由

 

履歴書を書く際は特に時間制限もなく、じっくり考えを練って書くことができるため、転職理由を書くのも比較的容易です。転職理由を書く際に重要な点は、

・前向きに転職理由を書くこと
・どこが駄目だったのかはしっかり伝えること
・入社後、この会社ではすぐには辞めないであろうと採用担当に思わせること

の3点です。

実際の所転職理由は、働き方への不満や仕事への不満、人間関係のもつれなど後ろ向きな理由が多いというのも実情ですがそんな理由も書き方1つで与える印象は大きく変わってきます。

仕事への不満でも、「やりたくなかった」ではなく、「自分の長所を活かせなかった」と書けば、いくぶん前向きな印象を与えられ、また、転職先の会社に入社した後も、長く働いてくれそうな印象も与えられます。

上司に話さなかった転職理由と転職してわかった事実/Tech総研

 

2.面接における転職理由

 

基本的に押さえるべき点は、履歴書を書く際と変わりません。

しかし、面接と履歴書の違う点は、じっくり考えることができないという点です。面接で質問された事に対して答えに詰まってしまうと、何か隠していることがあるのか、と採用担当者に思われてしまいます。

特に転職理由についてはまず訊かれないことはない、という風に考え、面接以前にどんな質問が来るのかを十分に練っておく必要があります。

転職理由について事前にしっかり考えを練っておかねばならない理由は、転職理由についての質問が最も答えづらい質問であるからです。

返答次第で悪いことを与えてしまうことが多い質問ですから、その点を意識した返答が重要です。転職理由についての質問は様々で、具体的には、

・「何故前職を退職しましたか」
・「一度仕事を辞めましたが、何故自社で辞めないとお考えですか」
・「一度就職、退職をして何を学びましたか」

などです。

面接前に考えるべきは、会社概要などで会社の魅力を考えるよりも、こういった転職関連の質問に対しての返答です。

 

あくまでも正直に

 

悪い印象を与えないように与えないようにと必死になりがちですが、嘘は書いたり述べたりせずに、言い回しのみを変えて伝えたいことを伝えましょう。

嘘を述べて採用されると、実は会社には合っていなかったということになり、再び転職をすることになってしまいます。あくまでも自分の気持ちに正直に転職活動に臨みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です