転職の面接で必ず聞かれる志望動機とそのポイント

お仕事を探している方々には、必ず理由があります。求人案件を見ますと、とても良さそうな会社だと思う事もあるでしょう。

それがきっかけでどこかの会社に応募する事になるのですが、その際の「動機」が転職の合否に大きく関わってきます。少なくとも、動機はまとめておくべきです。

職務経歴書に志望動機はどのように書けばいい?|エンジャパンの転職

 

1.面接時に必ず質問される応募動機

 

もちろん転職する為には、自分が希望する会社で面接を受ける事になります。

人事選考を受けて問題なければ内定という流れになりますが、面接時には必ず志望動機を質問されるのです。志望動機とは、会社の応募理由です。

冒頭でも触れた通り、何かの求人を見て「良さそうな所だ」と思う事もある訳ですが、その志望動機の詳細を質問される事になります。

なぜ当社を選んだのですか等と質問される事が多いです。

 

2.話の分かりやすさを心がけるべき

 

もちろん面接時には志望動機を説明する事になりますが、その際には分かりやすさを心がけるべきです。

例えば、話の飛躍には注意が必要です。志望動機を説明しようとすると、話が別の方向に飛んでしまう事もたまにあります。

志望動機とは関係ない話をしてしまう方もたまに見られますが、もちろんそれはマイナスになってしまいます。

あくまでも志望動機に絞り込んで、分かりやすく話すよう心がけるべきでしょう。

話にまとまりが無いと、そういう話し方をする人材なのかなと思われてしまうからです。

 

3.志望理由を明確化しておく

 

ちなみに話にまとまりが無くなってしまう理由の1つは、そもそも自分でも志望動機が整理できていないからです。

応募理由が明確なら、端的かつ分かりやすく伝えられるでしょう。しかし人によっては、自分でも動機の内容がよく分かっていないので、伝えるのに苦労してしまう訳です。

ですから、どういう理由なのかは自分なりに整理しておくべきでしょう。

 

4.求人が良いと思った理由をメモに取る

 

ちなみに志望動機をまとめる為に、自分の気持ちをメモ書きしておくのも有効です。

求人広告を見た時に「この会社は良さそう」だと思ったら、それを直ちにメモに書き出してみると良いのです。

「なぜ」良いと思ったのかをメモに書き出しておくと、面接時に役立ちます。ですから求人探しをする際に、手元にメモ帳を置いておくと良いでしょう。

 

志望動機に関する準備が大切

 

したがって転職活動の志望動機に関しては、

・動機の説明は分かりやすさが大切
・志望動機を自分なりに明確にしておくべき
・良いと思った理由をメモに書き出す

主にこういった点が言えます。少なくとも面接では確実に志望動機が質問される訳ですから、事前に準備はしておくべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です