転職先で後悔してしまう主なパターン

転職活動をする一番の目的は、現状の問題点を解決する事ではあります。給料などが不満で転職をする方々も多いですが、「後悔」してしまう事があるのは要注意です。

具体的な失敗例としては、勤務時間や仕事内容などがあります。

 

1.働く時間の長さで後悔

 

まず前者の勤務時間ですが、思ったよりも長くなってしまう事があるのです。

例えば転職前の会社では、1日に働く時間が8時間程度だったとします。ところが転職先では、それが増加してしまう事もあるのです。

残業が多くて、10時間以上になってしまう職場も意外と多くあります。それで後悔するという事例が、しばしば散見されているのです。

ですから面接時には、労働時間などは確認しておく方が無難でしょう。

 

2.自分が考えていた仕事とは少し違う

 

まだあります。イメージと違う仕事が割り振られてしまう事も、たまにあるのです。例えば表計算ソフトで作業をするという仕事をイメージしていたとします。

ところが実際に入社してみると、全く違う内容という話もよくあるのです。

表計算ソフトどころか、雑用まで命令される会社もたまにあります。もっと高度な仕事をイメージしていたのに、やりがいが感じられなければ後悔してしまうでしょう。

また逆もあります。思ったよりもハイレベルな仕事を割り振られてしまい、知識がなかなか追いつかないという事例もあるのです。

あこがれの仕事に転職しましたが、想像以上につらいです…。 – DODA

 

3.思ったより給料が安い

 

それと案外に多いのが、給料に関する後悔です。転職理由として一番多いのは、給料に関する不満点です。

現在のお勤め先の給料が安い時などは、高収入の転職先を探す事はあるでしょう。現に転職サイトでお仕事を探す時に、高収入というキーワードに着目している方も多いです。

ところがいざ入社すると、思ったよりも給料が安かったという話もあります。本来払われるはずの残業代が支払われなかったり、そもそも基本給がかなり安いという事例もあります。

面接時との話の食い違いもたまにありますから、注意が必要です。またボーナスが支給されないという話も稀にあります。このように給料に関して後悔したという話は意外と多いので、要注意です。

 

労働条件はよく確認すべき

 

ですから転職で後悔してしまう事例としては、

・労働時間が長すぎる
・考えていた仕事とは違う
・思っていたより給料が安い

このような事もある訳です。結局は面接時に、労働環境などをよく確認しておく事が望ましいでしょう。

転職を行えば必ずしも労働条件が良くなると限らないので、要注意です。やはり面接などで、労働条件をよく確認するのが無難でしょう。

転職フェアに参加をする主なメリットとは

街を歩いていると、様々な所で貸しホールや会議室などを見かけます。そこでは、転職をサポートしてくれるイベントが開催されている事もあるのです。

いわゆる転職フェアなどが行われている事も多いですが、それには様々なメリットがあります。もしも求職中なら、一度は参加してみるのも一法です。

 

1.転職に関するアドバイス等を受けられるメリット

 

転職フェアのメリットの1つは、様々なノウハウを学べる点です。そのイベントには、人材業界の経験が豊富な方々が多く参加しています。

その方々による転職のアドバイスを受けられるメリットが大きいです。面接の心構えや、お仕事探しに関する様々なサポートを受ける事ができます。

ですから転職を行うのが初めてなら、転職フェアに参加してみるのも一法なのです。

 

2.企業研究の情報を得られる

 

他にもメリットはあります。企業情報を得られる事が多いのです。大学生が就職活動をする時には、企業研究を行う事もよくあります。

良い会社に勤める為にも、各企業の特徴などを知りたいと思う事も多々ある訳です。しかし自力で企業研究を行うと、やや難航してしまう事もあります。

各企業としては、自社の情報を一般公開していない事も多いです。ところで転職フェアには、人材を探している会社も参加しています。

そのイベントに参加してみると、会社説明会なども受ける事が可能です。ですから各社の会社概要などの情報を知りたい時には、そのイベントはとても便利です。

 

3.会場で面接を受けられる事も

 

それと転職フェアに参加している会社によっては、その場で面接を行ってくれる事もあるのです。

全ての会社が即時面接が可能とは限りませんが、何社かはイベント会場にて面接を実施しているのです。そのメリットはとても大きいです。

本来は、面接は各社のオフィスなどで行われます。したがって人事選考を受けるためには、各社のオフィスまで訪問しなければなりません。

ですが転職フェアであれば、その場で面接を受けられるのです。ですからそのイベントに参加する事で、一気に多くの会社で面接を受けられる事もあります。

転職活動をする時には、複数社で面接を受けたいと思う事もあるでしょう。それを効率良く行えるメリットがあるのです。

「自分に合う仕事が見つからない」という人のための求人の探し方 – DODA

 

フェアに参加する主なメリット

 

ですから転職フェアというイベントには、主に下記のメリットがあります。

・転職のノウハウを学ぶ事ができる
・企業研究に関する情報を得られる
・イベントによっては当日面接も可能

いずれもお仕事を探している方々にとっては、とても嬉しいものです。良い転職先を探しているなら、一度そのイベントに参加してみるのも良いでしょう。

転職の面接で必ず聞かれる志望動機とそのポイント

お仕事を探している方々には、必ず理由があります。求人案件を見ますと、とても良さそうな会社だと思う事もあるでしょう。

それがきっかけでどこかの会社に応募する事になるのですが、その際の「動機」が転職の合否に大きく関わってきます。少なくとも、動機はまとめておくべきです。

職務経歴書に志望動機はどのように書けばいい?|エンジャパンの転職

 

1.面接時に必ず質問される応募動機

 

もちろん転職する為には、自分が希望する会社で面接を受ける事になります。

人事選考を受けて問題なければ内定という流れになりますが、面接時には必ず志望動機を質問されるのです。志望動機とは、会社の応募理由です。

冒頭でも触れた通り、何かの求人を見て「良さそうな所だ」と思う事もある訳ですが、その志望動機の詳細を質問される事になります。

なぜ当社を選んだのですか等と質問される事が多いです。

 

2.話の分かりやすさを心がけるべき

 

もちろん面接時には志望動機を説明する事になりますが、その際には分かりやすさを心がけるべきです。

例えば、話の飛躍には注意が必要です。志望動機を説明しようとすると、話が別の方向に飛んでしまう事もたまにあります。

志望動機とは関係ない話をしてしまう方もたまに見られますが、もちろんそれはマイナスになってしまいます。

あくまでも志望動機に絞り込んで、分かりやすく話すよう心がけるべきでしょう。

話にまとまりが無いと、そういう話し方をする人材なのかなと思われてしまうからです。

 

3.志望理由を明確化しておく

 

ちなみに話にまとまりが無くなってしまう理由の1つは、そもそも自分でも志望動機が整理できていないからです。

応募理由が明確なら、端的かつ分かりやすく伝えられるでしょう。しかし人によっては、自分でも動機の内容がよく分かっていないので、伝えるのに苦労してしまう訳です。

ですから、どういう理由なのかは自分なりに整理しておくべきでしょう。

 

4.求人が良いと思った理由をメモに取る

 

ちなみに志望動機をまとめる為に、自分の気持ちをメモ書きしておくのも有効です。

求人広告を見た時に「この会社は良さそう」だと思ったら、それを直ちにメモに書き出してみると良いのです。

「なぜ」良いと思ったのかをメモに書き出しておくと、面接時に役立ちます。ですから求人探しをする際に、手元にメモ帳を置いておくと良いでしょう。

 

志望動機に関する準備が大切

 

したがって転職活動の志望動機に関しては、

・動機の説明は分かりやすさが大切
・志望動機を自分なりに明確にしておくべき
・良いと思った理由をメモに書き出す

主にこういった点が言えます。少なくとも面接では確実に志望動機が質問される訳ですから、事前に準備はしておくべきでしょう。

転職活動でのスーツ着用に関する主たる注意点

転職の為には、もちろん自分が働きたいと考える企業で面接は受ける事になります。それで転職の面接にふさわしい服装は、たいていはスーツです。

アパレル業界などはスーツでない方が良い事もありますが、基本的にはスーツが望ましいでしょう。そしてスーツには、いくつか注意点があります。

 

1.人事選考の採用基準と清潔感

 

少なくとも人事選考では、身だしなみを確認される事だけは間違いありません。それは面接官に対する印象には関わってくるからです。最低限でも、清潔感がある印象を心がけるべきでしょう。

やはり清潔感が欠けると思われてしまいますと、印象はあまり良くありません。自分がスーツを着用している姿を鏡などで見て、清潔感は確認しておくべきでしょう。

 

2.シワがあるスーツは着用すべきでない

 

それでスーツに関して気を付けるべき点の1つは、シワの有無です。やはりシワが寄っているスーツだけは避けるべきでしょう。

シワだらけのスーツを着用しているようでは、やはり印象は良くありません。

 

3.フィットしていないスーツはシワが生じやすい

 

ところでスーツに対するシワは、体にフィットしているかどうかに左右されるのです。とりわけ次の箇所は要注意です。

・背中
・腕
・パンツ部分

これらの箇所は、スーツの中でもシワが生じやすいと言われています。自分の体型に合致していないスーツを着用してしまうと、上記のような箇所にシワが寄りやすいのです。

ですからスーツを購入する時などは、まずは自分の体型に合致する物を選び、鏡でシワの有無は確認すべきでしょう。少なくとも、試着だけは行っておくべきです。

 

4.面接前にはスーツを何回か着ておく

 

それとスーツは、ある程度は着用しておく方が良いです。購入したばかりのスーツなどは、面接で着用しない方が良いでしょう。というのも購入したてのスーツは、おかしく見えてしまう事が多いのです。

スーツは、ある程度は体になじませる必要があります。ですから面接を受ける前までに、何回かは着用しておくのが大切です。3回や4回程度は着用をしておくと、だんだん体になじんできます。

少なくともスーツを購入したその日の内に、面接に行く事だけは避けるのが望ましいです。

カメラ映りを完璧に|転職ノウハウ編|コラム転職徒然草

 

好印象なスーツ姿を心がける

 

以上をまとめれば、

・清潔感を心がけるべき
・体にフィットしてシワが無いスーツを選ぶ
・面接前に何度か着用する方が良い

主にこのように言えます。結局は、自分が面接を受ける会社の担当者に対する好印象を心がけるべきなのです。自分のスーツ姿を客観的に見て、おかしくないかどうかを確認しておくと良いでしょう。

コンサルタントによる転職サポートの魅力

転職活動をする際には、様々な不安感が生じる事はあります。自分の適職や面接のノウハウに関して、不安になる事もあるでしょう。

そういう不安がある時には、コンサルタントという方々に相談するのも一法です。

 

1.転職サイトの主な特色

 

最近では、転職の為にインターネットを活用する方々も増えています。いわゆる転職サイトを活用してお仕事を探す訳ですが、それには情報収集やサポートのメリットがあるのです。

少なくとも数多くの求人が掲載されている事は、間違いありません。非公開の求人も沢山あります。それに加えて、冒頭でも触れたコンサルタントによるサポートを受けられるのです。

 

2.面接に関する相談が可能

 

コンサルタントには、様々な事柄を相談する事ができます。冒頭でも触れた面接などは、その1つです。

当然ですが、どこかの会社で採用される為には人事選考は受ける事になります。もちろん面接も受ける事になりますが、その際の重要ポイントも教えてくれるのです。

具体的には、

・立ち振る舞い
・服装
・自己PRの方法
・効果的な質問の方法

こういった点に関して様々なアドバイスを行ってくれる訳です。

特に1つ目の立ち振る舞いや3つ目の自己PRなどは、自分ではなかなか欠点が見えづらい事もあります。それも客観的な視点で、アドバイスを行ってくれるのです。

ちなみにコンサルタントは、人材業界での経験も非常に豊富です。プロによるサポートを受けられるのは、とても頼もしいものです。

会計事務(派遣社員から正社員)/リアルな面接から受かる極意を盗みとれ

 

3.適正に関するアドバイスのメリット

 

また登録するサイトによっては、適正に関してサポートをしてくれる事もあります。

お仕事を探す際には自分の向き不向きが気になる事もよくあるのですが、それも客観的にアドバイスを行ってくれるのです。

ですから適職探しもスムーズになる傾向があります。

 

4.ニーズに沿う案件の紹介

 

それと一番大きなメリットが、自分の希望に沿う案件です。転職活動をする際には、様々なニーズがあります。

勤務地や労働時間など、様々な希望条件はあるでしょう。そのニーズに合わせて、コンサルタントの方々がお仕事を紹介してくれる訳です。

自分1人でお仕事を探すよりも、遥かに効率良く案件を見つけられる傾向があります。

 

転職に関するサポートの魅力

 

このように転職のサポートをしてくれるコンサルタントは、

・面接サポート
・適正のアドバイス
・ニーズに合うお仕事紹介

こういったサービスを提供してくれる訳です。それで不安が解消される事も多々ありますし、困った時はコンサルタントに相談してみると良いでしょう。

転職理由は言い回しを変えて良い印象を与える

転職の際、採用担当者が一番訊きたいことはやはり転職理由ですし、応募者が一番訊かれて困るのもまた転職理由です。

今回は、転職理由についての上手い書き方、返し方をご紹介します。

 

1.履歴書においての転職理由

 

履歴書を書く際は特に時間制限もなく、じっくり考えを練って書くことができるため、転職理由を書くのも比較的容易です。転職理由を書く際に重要な点は、

・前向きに転職理由を書くこと
・どこが駄目だったのかはしっかり伝えること
・入社後、この会社ではすぐには辞めないであろうと採用担当に思わせること

の3点です。

実際の所転職理由は、働き方への不満や仕事への不満、人間関係のもつれなど後ろ向きな理由が多いというのも実情ですがそんな理由も書き方1つで与える印象は大きく変わってきます。

仕事への不満でも、「やりたくなかった」ではなく、「自分の長所を活かせなかった」と書けば、いくぶん前向きな印象を与えられ、また、転職先の会社に入社した後も、長く働いてくれそうな印象も与えられます。

上司に話さなかった転職理由と転職してわかった事実/Tech総研

 

2.面接における転職理由

 

基本的に押さえるべき点は、履歴書を書く際と変わりません。

しかし、面接と履歴書の違う点は、じっくり考えることができないという点です。面接で質問された事に対して答えに詰まってしまうと、何か隠していることがあるのか、と採用担当者に思われてしまいます。

特に転職理由についてはまず訊かれないことはない、という風に考え、面接以前にどんな質問が来るのかを十分に練っておく必要があります。

転職理由について事前にしっかり考えを練っておかねばならない理由は、転職理由についての質問が最も答えづらい質問であるからです。

返答次第で悪いことを与えてしまうことが多い質問ですから、その点を意識した返答が重要です。転職理由についての質問は様々で、具体的には、

・「何故前職を退職しましたか」
・「一度仕事を辞めましたが、何故自社で辞めないとお考えですか」
・「一度就職、退職をして何を学びましたか」

などです。

面接前に考えるべきは、会社概要などで会社の魅力を考えるよりも、こういった転職関連の質問に対しての返答です。

 

あくまでも正直に

 

悪い印象を与えないように与えないようにと必死になりがちですが、嘘は書いたり述べたりせずに、言い回しのみを変えて伝えたいことを伝えましょう。

嘘を述べて採用されると、実は会社には合っていなかったということになり、再び転職をすることになってしまいます。あくまでも自分の気持ちに正直に転職活動に臨みましょう。

転職用の履歴書は新卒用と同じではいけない

転職活動の際の履歴書を書く際、前回の就職活動から時間が経っていると何を書いていいのか忘れてしまうことがあります。

また、最初の就職活動ではきちんとした履歴書を書かずに就職したけど今回は、という方もいると思います。履歴書で押さえたいポイントをご紹介します。

 

1.「転職」ということを忘れてはいけない

 

まず一番最初に、あなたは新卒採用の募集に応募しているわけではないので、転職ということを留意した上で履歴書を書かなければなりません。

具体的にどういったことを意識するかと言うと、

・職歴の記入を忘れない
・退職後、何かやっていたことがあったらしっかり記入する
・志望動機にはこれまでの反省点や学んだことを盛り込む

を意識します。

 

2.志望動機で差をつける

 

志望動機は、あなたの会社への熱意をアピールするポイントでもあります。しかし、ただ延々と会社概要に書いてあるような会社の魅力を書き連ねていては、多くの応募者の履歴書の中に埋もれてしまいます。

「自分らしさ」を意識しながらオリジナリティのある志望動機を書くべきです。自分らしさとは、自分がどういったことをやりたいのか、それに会社のどの部分が合っているのか、といったことです。

自分のやりたいことを書く際には、前職でそれができないとわかるようなことを書いたり、また分かり辛ければ、前職ではできなかったと示しておくことが良いでしょう。

前職についての情報を書くことで、採用担当が知りたい、「自社に入社しても、前職を退職したようにすぐに退職してしまうのではないか」という点の情報を与えることができます。

 

3.初々しさを忘れない

 

一度社会人として働くと、良くも悪くも慣れが生まれてしまいます。

新卒採用の際には、「本当に自分を採用してくれるのか」、「全て不採用に終わってしまったらどうしよう」などといった不安がありましたが、一度働いた方は、まあ採用されるだろうし、全て落ちることはないだろう、と油断しがちです。最初の就職活動の際の心意気を忘れないようにしてください。

身だしなみ、マナー、言葉遣いなど、社会人としての常識に関する知識は間違いなく増えているはずですから、初々しさを持って転職活動に臨めば、必ず良い印象を与えられるはずです。

また、フレッシュな気持ちを持つことで、若々しさ、元気さという印象を与えることができるため、有効です。

 

新卒採用用とはまた違った履歴書を

 

新卒採用用の履歴書と同じことを書いていては、転職したことが生かされていませんし、採用担当者も不安になります。きっちり退職したという点、その辺りの情報を広くクリーンにしておくことが重要です。

 

転職時に役立つ!?手書き履歴書のメリットと書き方

 

近年、履歴書はパソコンで作成される方が多いかと思います。修正も簡単ですし、データを保存しておけば使い回しも簡単、それに何といっても文字が読みやすいといったメリットも大きいですよね。

一方、手書きの履歴書は時間もかかりますし、一度間違えてしまうと修正も大変とデメリットが大きく感じてしまいますよね。しかし、手書きの履歴書にも大きなメリットがあるのです。

今回は、履歴書を手書きするメリットとおすすめの書き方をご紹介します。転職の際には、手書きの履歴書で印象付けましょう!

 

1.手書きだからこそ伝わる好印象!?手書きのメリットとは

 

パソコンで作成すれば決まったフォーマットもあるし、履歴書を買って一から作成するのは面倒だと思いませんか。

しかし、手書きには手書きだからこそ伝わることも多いのです。まず、履歴書を書く上で適当に雑に書く人はいませんよね。下書きをして、間違いが無いように一文字一文字を丁寧に記入していくと思います。

以前、人事担当者の方に聞いたことがありますが、そのように丁寧に時間をかけた履歴書はその人の思いが伝わってくるそうです。

時間をかけて一生懸命作られた履歴書には、それほど手をかけてまでその企業に入社したかったという気持ちがこもっているんですね。

さらにその人が書く文字の書き方や文面には個性が出やすく、人柄が伝わりやすいという特徴もあるのです。

ただの一枚の紙かもしれませんが、そこから伝わってくるのは決して内容だけでは無いのです。このように手書きには手書きだからこそ伝わる大きな面もあります。

 

2.綺麗な文字をなんて関係ない!大事なのは気持ちを込めること

 

では、いざ作成しようと思っても「自分の字は汚いから。」と躊躇してしまうこともありますよね。しかし、一番必要なのは気持ちを込めて丁寧に作成することです。

大きなコツは「余白に対してバランスよく記入する」、「文字は大きく見やすいように、一画一画を丁寧に書く」、「文章を書く際には上下の文字とバランスを考える」という点です。

なので、自分の文字が汚いということを気にする必要は無く、丁寧に見やすいように書くことが何より大切なのです。

3.ちょっと注意!手書きの履歴書を受けつけない会社もあります!

これまで手書きのメリットと書き方をお伝えしてきましたが、実は手書きの履歴書を良しとしない企業も存在するのです。

外資系企業やIT企業に多く「手書きの履歴書を送るということはパソコンを使えていない」と判断されることもあるのです。しかし、逆に老舗企業などは手書きを好まれる可能性も高く判断が難しいところです。

ですが、ほとんどの企業は「パソコンでも手書きでもかまわない」というところがほとんどですので、特に指定が無い場合には手書きに挑戦する事をおすすめします。

ちなみに職務経歴書を併せて送る場合には、履歴書を手書きで作成し、職務経歴書をパソコンで作成するといった方法もあります。また、下記サイトでは詳しい履歴書の書き方など載っていましたので、併せて確認してみてください。『転職マスターPlus⁺

手書きの履歴書はハードルが高いと言われがちですが、意外にメリットもあるのです。自身のやる気や気持ちを伝える方法として、手書きでの履歴書作成をおすすめします。転職の際にはぜひご検討ください。