転職先で後悔してしまう主なパターン

転職活動をする一番の目的は、現状の問題点を解決する事ではあります。給料などが不満で転職をする方々も多いですが、「後悔」してしまう事があるのは要注意です。

具体的な失敗例としては、勤務時間や仕事内容などがあります。

 

1.働く時間の長さで後悔

 

まず前者の勤務時間ですが、思ったよりも長くなってしまう事があるのです。

例えば転職前の会社では、1日に働く時間が8時間程度だったとします。ところが転職先では、それが増加してしまう事もあるのです。

残業が多くて、10時間以上になってしまう職場も意外と多くあります。それで後悔するという事例が、しばしば散見されているのです。

ですから面接時には、労働時間などは確認しておく方が無難でしょう。

 

2.自分が考えていた仕事とは少し違う

 

まだあります。イメージと違う仕事が割り振られてしまう事も、たまにあるのです。例えば表計算ソフトで作業をするという仕事をイメージしていたとします。

ところが実際に入社してみると、全く違う内容という話もよくあるのです。

表計算ソフトどころか、雑用まで命令される会社もたまにあります。もっと高度な仕事をイメージしていたのに、やりがいが感じられなければ後悔してしまうでしょう。

また逆もあります。思ったよりもハイレベルな仕事を割り振られてしまい、知識がなかなか追いつかないという事例もあるのです。

あこがれの仕事に転職しましたが、想像以上につらいです…。 – DODA

 

3.思ったより給料が安い

 

それと案外に多いのが、給料に関する後悔です。転職理由として一番多いのは、給料に関する不満点です。

現在のお勤め先の給料が安い時などは、高収入の転職先を探す事はあるでしょう。現に転職サイトでお仕事を探す時に、高収入というキーワードに着目している方も多いです。

ところがいざ入社すると、思ったよりも給料が安かったという話もあります。本来払われるはずの残業代が支払われなかったり、そもそも基本給がかなり安いという事例もあります。

面接時との話の食い違いもたまにありますから、注意が必要です。またボーナスが支給されないという話も稀にあります。このように給料に関して後悔したという話は意外と多いので、要注意です。

 

労働条件はよく確認すべき

 

ですから転職で後悔してしまう事例としては、

・労働時間が長すぎる
・考えていた仕事とは違う
・思っていたより給料が安い

このような事もある訳です。結局は面接時に、労働環境などをよく確認しておく事が望ましいでしょう。

転職を行えば必ずしも労働条件が良くなると限らないので、要注意です。やはり面接などで、労働条件をよく確認するのが無難でしょう。